UKが選ぶ おすすめ グループサウンズ ランキング ❸

sponsored link

 

 

みなさんこんばんは!UKです。

 

GSランキング続きからです。

 

 

 

前回のランキング

UKが選ぶ おすすめ グループサウンズ ランキング ❷

 

 

 

GSをやるようになったキッカケ

 

グループサウンズの曲をバンドで初めてやるキッカケになったのは

ニキータをやる前のモズライトロックバンド「デッドヒート」の時でした。

デッドヒートが初めて営業の仕事がとれたライブハウス「北千住キャラメル」にて

「GSやった方がいいんじゃない?」

と、キャラメルの店主、ごぼうさんからアドバイスを頂いたのです。

 

 

GSリバイバルの波

ちょうどその頃「若さゆえ〜♪」とビールのCMでザ・ジャガーズの「君に会いたい」が流れてたり、島谷ひとみさんが「亜麻色の髪の乙女」をカバーしたり

ちょっとしたGSリバイバルの風潮になってまして、これに便乗しない手はないのでは?というコンセプトのもと、

GSやろうじゃあ〜りませんか!

と意見合致し、グループサウンズというものを一から勉強するようになりました。

思えばそれが、現在ニキータに至るまでGSを演奏するようになったキッカケなのですね〜

 

参考にしたカバーアルバム

その時にすごく参考になったアルバム

ダウンタウンブギウギバンドのG.S.

 

 

ダウンタウンブギウギバンドがグループサウンズをカバーした秀逸なアルバム。

 

GSやるならこれやっとけばまず大丈夫的な曲が収録され、GSの良さが凝縮されてるこのアルバム、もうかなり聴きまくりました。

 

宇崎竜堂さんはじめ、バンド全員がGSを心からリスペクトしてるのが凄く伝わってきます。

 

GSを知るのにここを通って良かったーと心から思うのであります。

 

 

第4位  パープルシャドウズ 小さなスナック

 

そのアルバムの中でも印象的だった曲の中のひとつ

 

小さなスナック

 

原曲のパープルシャドウズを聴いてもイントロのギターからまず心を奪われます。

全体的に漂わせる夕焼けムードの中に

切ないながらもほのぼのと温かい声。

 

僕を昭和の記憶へと旅立たせてくれるのです。

 

 

 

 

 

 

さ、これで10〜4位まで発表しましたが

 

やはり10曲ランキングだけじゃGSの良さは語り尽くせないですね。

 

ここで恒例の!

 

ランキング番外編です。

 

 

 

番外編①  恋はもうたくさん  ザ・ダイナマイツ

 

この曲もダウンタウンブギウギバンドGSのアルバムで知りました

 

恋はもうたくさん

 

 

ヒットには結びつかなかったみたいですが、疾走感溢れる隠れた名曲だと思います。

 

ザ・ダイナマイツのギターはのちの「村八分」「ティアドロップス」で活動された山口冨士夫さん。

 

ダイナマイツデビュー曲の「トンネル天国」などロック色が強いのもうなづけます。

 

 

 

 

 

 

 

番外編②  ムスタング  ゲルピン・ロック

やっばりこの曲も忘れてはならないでしょう。

 

ゲルピン・ロック

 

B級GSの最高峰 ムスタング

 

結成以来、脱退したメンバーを除き 49年もほとんど同じメンバーでバンド続けていることは驚愕に値します。

 

49年・・凄くないですか?

 

ワイルドワンズの51年に匹敵する継続年数ですね。

 

そのムスタングにはニキータメンバーの、リーさんとカルロスが定期的にお手伝いさせてもらっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

さ、GSランキングシリーズ

 

 

まだまだ盛り上がって行きたいとこですが

 

 

続きはまた!

 

 

 

お会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

10〜8位はこちら

UKが選ぶ おすすめ グループサウンズ ランキング ❶

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村