【2018年版】栄光のグループ・サウンズ GS 名曲 ヒット曲 おすすめ マイフェイバリット・チューン

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

ワタクシUKが選ぶマイフェイバリット・シリーズ

 

今回は、1967〜1969年に日本で大流行した

 

グループ・サウンズ

 

その グループ・サウンズ、略してGSの名曲の数々を

 

UKが選ぶGSマイランキングの続編版といたしまして!

 

栄光のグループ・サウンズ GSマイフェイバリット・チューン【2018年版】

 

と題し!

ご紹介していこうと思います。

 

 

 

では早速、まいりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕陽と共に  ザ・ワイルドワンズ

 

 

 

1966年、GS史に残る名曲「想い出の渚」でレコードデビューしたザ・ワイルドワンズ。

「野生児」という意味でつけた【ワイルドワンズ】の名付け親は加山雄三。

そのワイルドワンズから、1967年リリース3rdシングル

 

夕陽と共に

 

ローリングストーンズの「黒くぬれ」を彷彿させるイントロからの

哀愁漂わせる歌のメロディは

情景が浮かんできますよね~

この曲でドラムを叩きながら歌う植田芳暁さんは

当時、画期的であった「歌うドラマー」として人気を博しました。

 

ワイルドワンズのギタリスト、及び歌謡界に名曲を残してきた

偉大なる作曲家及びプロデューサーの加瀬邦彦氏亡き現在も

ワイルドワンズは、活動を続け

2017年には「結成50周年記念 加瀬邦彦追悼コンサート」を開きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い髪の少女 ザ・ゴールデンカップス

 

 

 

1966年、デイブ平尾を中心に結成され

横浜本牧のライブハウス「ゴールデンカップ」の専属バンドとして活躍後

翌年1967年に「いとしのジザベル」でレコードデビューしたザ・ゴールデンカップス

1968年リリース3rdシングルの

 

長い髪の少女

 

作詞 橋本淳    作曲鈴木邦彦

ゴールデンカップスはこの「長い髪の少女」で一躍、人気を獲得しましたが

当時、カップスのライブの際は、R&Bや洋楽ロックが中心で

「長い髪の少女」はあまり演奏しなかったと聞きます。

混血グループを売りにしていたのに、実はマモル・マヌーさんは生粋の日本人とか…(^^;;

カップス伝説はいろいろとありますが

ニキータ4も、そのマモル・マヌーさんとバンドをやらせて頂いた事もあり

その時の「長い髪の少女」も合わせてどうぞご覧ください。(←宣伝やろ?!)

 

 

ニキータ4とマモル・マヌーさん(ゴールデンカップス)のコラボライブより   長い髪の少女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリフリ ザ・スパイダース

 

 

 

 

1961年、スパイダースの前身となるグループでドラマーとして活動していた田辺明知さんを中心に

「蜘蛛の巣のように世界を席巻する」という願いを込め

1964年、GS期メンバーの新生ザ・スパイダースが誕生!

 

1965年、そのスパイダースデビューシングル

 

フリフリ

 

のリリースにより、栄光のGSブームは幕開けとなりました。

1966年には「夕陽が泣いている」が大ヒット。

コミカル的な要素もあり、映画にも出演しながら人気スターバンドとして大進撃するも

やがては、タイガースやカーナビーツの若手グループに人気を押されることになってしまいますが

「グループ・サウンズ」の最初のレコードと呼ばれたフリフリのデビューから

1970年の解散までに、栄光のGS史を築いてきたスパイダースの功績は計り知れません。

 

惜しくも、かまやつひろしさん、井上堯之さんはお亡くなりになりましたが

現在でも活躍している堺正章さん、井上順さん、大野克夫さん、元気にベースを弾いているかっぺさん

そして現、田辺エージェンシーの社長の田辺明知さん

音楽人生として見習うべきバイタリティを感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは次ページへ

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村