エイビーシー JACKSON5 ピックアップ・ヴィンテージナンバー

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

先日行ってきたかつさんぽは「すっぽん料理」。

そして別日に行った「焼肉ハシゴ」。

今回の新作かつさんぽは「すっぽん料理」の方をお届けしようと

動画編集奮闘しています。

早くて今日か、明日までにはアップできればいいな。。

 

 

 

 

 

 

 

 

◆今日の体重

焼肉太りからちょっと戻った模様。。^^;

 

 

 

 

 

 

ピックアップ・ヴィンテージナンバー

 

 

 

今日のピックアップ・ヴィンテージナンバー

1970年 ジャクソン5のモータウン・レーベルからの2ndシングル

エイビーシー  ABC 

全米チャート1位、R&Bチャート1位、全英チャート8位。

ソング・ライティングは、モータウン社長のベリー・ゴーディ・jrをはじめとした

プロデューサー・チーム「ザ・コーポレーション」。

風船ガムのように気軽に口ずさめる曲調ですね。

そういった誰でもが楽しめる音楽ジャンルを「バブルガム・ポップ」と呼び

そこからブラックミュージックと融合させた『バブルガム・ソウル』を生みだす事となりました。

定義はシンプルでキャッチーでポップでソウルフル。

しかし、キャッチーといえども、バック演奏プレイに耳を傾けてみれば

なかなかに難易度の高い演奏力が展開。

「帰ってほしいの」同様、ドラムも結構難しい事やってるし、

曲中に仕掛けも散りばめられてるし、

歌詞がシンプルな分、曲は策を練って凝った曲調にしたのかなとも感じさせられます。

なので「バブルガム・ソウル」は大人も夢中になれる味わいを持つ「エイビーシー」を聴きながらお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

 

 




こちらの記事も人気です