ピックアップ・ヴィンテージナンバー La La Means I Love You デルフォニックス

sponsored link

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

ワタクシUKが選ぶピックアップ・ヴィンテージナンバーシリーズは

少しの間、男性ヴォーカルグループ特集をやっていこうかなと思ってます。

男性が歌うファルセットは優美で甘く、そして流麗でメロウな曲調は酒のお供にピッタリ♪

間違いなくお酒を飲みたくなる曲を目白押しでお贈りしますよ。

まずは、デルフォニックスからどーぞ!

 

 

 

ピックアップ・ヴィンテージナンバー

 

今日のピックアップ・ヴィンテージナンバー

1968年フィアデルフィア・ソウルのヴォーカル・グループ、デルフォニックス

ララは愛の言葉 (La La Means I Love You)

デルフォニックスのリーダー、ウィリアム・ハート

のちにスタイリスティックスも手がける事となるソングライター、トム・ベル

合作したこの曲は、70年代の前半に一世風靡したフィリー・ソウル、最初のヒット曲となりました。

柔らかくメロウでファルセットも甘く、ウイスキーを飲みたくなりますよね。

その甘美なストリングスもトムベルが積極的に取り入れ、

それはフィリー・ソウルの基盤となり

その後トムは押しも押されぬ売れっ子プロデューサーへと成功を収めて行く事となります。

Q・タランティーノの映画『ジャッキーブラウン』でも使われたり、ジャックソン5やプリンス他

大勢のアーティストからもカヴァーされた「ララは愛の言葉」を聴きながらお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいねしよう!




こちらの記事も人気です