ケアレス・ウィスパー George Michael 70〜80年代 洋楽バラード マイフェイバリット・チューン1

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

音楽には、気分をアゲて楽しくしてくれたり、前向きにさせてくれたりする曲もありますが

逆に悲しい気分になったり、癒してくれたり、優しく語りかけるような曲もあります。

 

さ、UKが選ぶマイフェイバリット・シリーズ

今回は

そんなスローなナンバー、

 

BALLAD

 

バラード(BALLAD)をテーマにお贈りしたいと思います。

バラードは、決してラブソングや

チークダンスで踊るスローナンバーだけに限りません。

若かりし頃、失恋する度「今日は一緒に泣いてくれ」とマイレコードを携え、強引に部屋を暗くし、針を落とし一緒に聴かされるハメになったそんな曲もありませんでしたか?(←寂しがりジャイアンか)

泣けるバラード、ハートブレイクなバラード、癒してくれるバラードの名曲の数々を

ヴィンテージ・マイスター(自称)のワタクシUKが選りすぐってお贈りする

 

70〜80年代 洋楽バラード・マイフェイバリット・チューン

 

さぁ、みなさん!一緒に泣こうではあ〜りませんか

 

それでは早速まいりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアレス・ウィスパー George Michael

 

 

 

訳すると「不注意な囁き」と題された

1984年リリースのこの曲

 

ケアレス・ウィスパー

 

ジョージ・マイケルのコンビユニット「Wham!」の名義になっていますが

事実上は作詞作曲したジョージ・マイケルのソロ曲。

競走馬のケアレスウィスパーは全く何の関係もありません。(←当たり前やろ)

 

イントロはスティーブ・グレゴリーのサックス。

その切ない音色はこの曲の魅惑の情景へと導きます。

ほかの女の子とダンスした時に耳元で囁いた「不注意な囁き」のせいで、本当の彼女とサヨナラに繋がった事を悔やむ心情をジョージ・マイケルが歌い上げます。

 

このケアレス・ウィスパーは、ビルボードや英国シングルチャート、日本でもオリコン洋楽シングルチャートで1位を獲得。

日本では、郷ひろみ、西城秀樹(抱きしめてジルバ)もカバーするほど大ヒットバラード・チューン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村