ノーキー・エドワーズ追悼 Nokie Edwards ニキータ4LIVE 五反田ロッキー

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも UKです。

 

2018年3月12日

ベンチャーズの初代オリジナルメンバー、リードギターのノーキー・エドワーズが天国へ旅立たれました。

 

享年82歳、腰の手術の合併症によりアリゾナ州の病院でお亡くなりになったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ノーキー・エドワーズ  Nokie Edwards

 

ノエル・フロイド「ノーキー」エドワーズ(Noel Floyd “Nokie” Edwards, 1935年5月9日 -2018年3月12日)は、アメリカ合衆国のギタリスト。オクラホマ州ラホマ出身。ザ・ベンチャーズの初代ベーシストであり、2代目リードギター。

ノーキーの音楽的バックグラウンドはカントリーミュージックに深く根ざしており、演奏中に取り込むフィンガーピッキングなどにその影響がうかがえる。シンプルでありながら高度なカントリーリックを盛り込んだテクニックは、エレキブームを巻き起こした日本において、絶大な人気と憧れを呼んだ。特に「キャラバン→デューク・エリントン楽団がオリジナル」で披露する速弾きフレーズは、当時の日本のギターキッズから最高の難易度の技巧といわれた。

< Wikipediaより>

 

 

 

 

 

 

この日、我々のバンド【ニキータ4】のライブでもノーキーへ追悼の意を込め

「ブルースター」「ブルドッグ」「ウォークドントラン64」「キャラバン」

各ステージでベンチャーズナンバーを演奏させていただきました。

 

 

五反田ロッキー・リスト

<1Stage>1ダンシングシスター2苦い涙3アイドルを探せ4ブルースター〜ブルドッグ5いとしのジザベル〜愛する君に6フライミートゥザムーン7オーキャロル8二人だけのデート9愛がすべて10ハローミスターモンキー

 

 

<2Stage>1ウォークドントラン’64 2カラーに口紅3いとしのマックス4ストップインザネイムオブラブ5ダンシングヒーロー6君といつまでも7ガンダーラ8本牧ブルース〜銀色のグラス9君の瞳に恋してる10おしゃれフリーク

 

 

<3Stage>1僕のマリー〜スカイハイ2宇宙のファンタジー3ゲットレディ4レッツツイストアゲイン5可愛いひとよ6ホワッツゴーインオン7キャラバン8燃える渚〜シーサイドバウンド9恋のサバイバル10ビーナス<アンコール>ジョニーbグッド

 

(ニキータ4ライブ写真提供T子さんありがとうございます!)

 

 

 

エレキブーム

 

 

 

テケテケテケテケテケテケ〜♪  と

テケテケサウンドが全世界に舞い降りた昭和40年代

日本ではベンチャーズ人気と共に、空前のエレキブームが到来しました。

加山雄三や寺内タケシとブルージーンズが出演した映画「エレキの若大将」や

「勝ち抜きエレキ合戦」というコンテスト番組もあったほど

エレキブームは、人々にエレキギターを手にとらせ

人生をも動かす影響力をもたらせたと聞きます。

 

僕が初めてベンチャーズを聴いたのはそのブームから18年後のハタチくらいの時。

そのリアルタイムでない僕でさえ、かなりの衝撃が走ったベンチャーズサウンド。

「10番街の殺人」「ダイヤモンドヘッド」「パイプライン」「さすらいのギター」「ウォークドントラン’64」「クルエルシー」etc

ひずんだ独特のギターサウンドと世界感に脳汁が溢れ出した思い出が蘇ってくるようです。

 

僕はドラマーなので

先に亡くなられたベンチャーズドラマーのメル・テイラーのプレイもだいぶ研究させてもらいましたし

多大なる影響を受けたのは間違いありません。

このベンチャーズを知るや、夢中になったその時代があったからこそ、今でも僕はステージに立たせてもらってるのかもしれません。

 

天国へ旅立った偉大なるノーキー・エドワーズ。

ベンチャーズでリードギター、そしてソロのプロジェクトにおいて

現在でも熱狂させるギタープレイを世界へ遺してきたノーキーエドワーズへ

深く敬意をこめ

心よりご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

◆ワタクシUKが選んだマイランキングシリーズ

ベンチャーズ 名曲 懐かしの人気曲 おすすめマイランキング 総集編

 

おすすめディスコミュージック・マイランキングはこちら
 

おすすめGS グループサウンズ ・マイランキングはこちら
 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村