ソウルミュージック 名曲 60~70年代 おすすめ 人気曲 マイランキング 総集編

スポンサーリンク

 

モータウン

 

アメリカミシガン州、デトロイトから発祥したレコードレーベル【モータウン・レコード】。

モータウンとは自動車産業の街デトロイトらしくmoter townの略。

モータウンレーベルを設立したベリー・ゴーディ・ジュニアが1960年から1969年の間、Billboard Hot 100のトップ・テンに79曲もランクインさせるほど、ポップな要素を打ち出したソウルミュージックのスタイルを「モータウン・サウンド」と呼びました。

 

ポップでエレガントでダンサブルな黒人の「モータウン・サウンド」

代表的なアーティストは

「ゲット・レディ」のテンプテーションズや、ダイアナ・ロスが在籍していた「恋はあせらず」のシュープリームス、「プリーズミスターポストマン」のマーヴェレッツ

ほか、ジャクソン5、フォートップス、ミラクルズ、マーサ&ザ・バンデラス、マーヴィン・ゲイ、スティービー・ワンダー、等

 

ソウルミュージックマイランキング第9~7位は

そのモータウンレーベル傘下にいたアーティストの曲を。

 

 

 

 

 

 

 

第9位  Ain’t no woman ( like the one I got ) フォー・トップス

 

 

1953年にミシガン州デトロイトで結成して以来、メンバーの一員が亡くなるまでの44年間、メンバーチェンジは一度もなかったほどの結束力をもった男性ヴォーカルグループ【The Four Tops】

 

1963年にベリー・ゴーディに見出されモータウンと契約してからは

1965年「シュガーパイ ハニーバンチ」全米1位

続いて1966年「リーチアウト・アイル・ビー・ゼア」も全米1位の大ヒットを放ち

この2大ヒットナンバーは、フォートップスの代表曲として現在でも親しまれ続けています。

 

今回は、ABCレコードに移籍してからの1973年ヒット曲

 

エイント・ノー・ウーマン

 

メロウな曲なのに、やはり野太く迫力あるリード・ヴォーカルが特徴的なリーヴァイ・スタッブス。

後年、ミュージカル映画の「リトルショップホラーズ」等の声優や、他に俳優としても活躍します。

1990年に【フォー・トップス】としてロックの殿堂入りを果たし

2008年、72歳で天国へ旅立つまでに

このグループを脱退してソロに転じる事など眼中にないリーヴァイの姿勢や実力、そして現在でも続く【フォー・トップス】の人気は

絶賛に値するグループではないでしょうか。

 

 


 

 

 

第8位  Dancing in the street  マーサ&ザ・ヴァンデラス

 

 

かつてレコードはリリースした事はあったマーサ・リーブス。

モータウンの会社秘書として入社し

【モータウン・レーベル】からのデビューのチャンスを伺っていた彼女が

メリー・ウェルズの代役を務めた事がチャンスになり

【マーサ&ザ・ヴァンデラス】としての再スタートで、次々とヒットを飛ばす事に繋がります。

1963年に「ヒートウェイブ」が全米4位の大ヒット。

その後、1964年に発表した

 

ダンシング・イン・ザ・ストリート

 

 

が、全米2位を獲得。

 

マーサ&ザ・ヴァンデラスは目まぐるしくトップスターに登りつめました。

 

ダイアナ・ロスが在籍する女性グループ【シュープリームス】が現れてからは

 

モータウンNo.1の座を追われる事になりますが

 

この曲は後年、

キンクスやママス&パパス、ヴァン・ヘイレン、ミックジャガーとデビッドボウイのデュエット等、

モータウンの曲の中でも最も多くのアーティストにカバーされたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第7位  Ain’t No Mountain High Enough ダイアナ・ロス

 

 

ダイアナ・ロスはモータウンを代表するBIGな黒人女性歌手で今や大御所というか、もう神ですよね。

シュープリームスに在籍していたそのDiana Rossがソロになってからのバージョン

 

エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ

 

 

1967年にモータウンレーベルから発表されたマーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエットバージョンもゴキゲンですが

今回はダイアナ・ロスバージョン。

 

映像は2017年のコンサートから。

2015年の来日公演を見逃して後悔してたのでお元気そうでよかった。

 

1970年、ダイアナがソロになって初リリースした同タイトルアルバム「Ain’t No Mountain High Enough 」からのシングルカットに関して、当初はベリー・ゴーディもアレンジを気に入ってなかったのですが

「Ain’t No Mountain High Enough 」ダイアナ・ロスのソロ・シングルは

 

Billboard Hot 100と『ビルボード』のR&Bシングル・チャートの両方で1位を獲得し、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは6位を記録した。第13回グラミー賞では最優秀女性コンテンポラリー・ボーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた。

(wikipediaより)

 

やはりダイアナの声、2017年の今でも神ってますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50年後半〜70年代のソウル・シーンには、

【モータウン・レコード】のライバル・レーベルとして

【スタックス・レコード】が存在しました。

 

 

 

 





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村