UKが選ぶディスコ曲ランキング10❶

スポンサーリンク

 

虹色の光を反射させ回るミラーボールに色とりどりに変化するダンスフロアのきらびやかな世界。

 

シンプルな四分音符打ちのバスドラにテンポ130前後のリズムとベースの低音が地を這う。

大音量の音と光のシャワーの中に身を委ね、踊る者、聴く者を熱狂(フィーバー)!享楽!そして忘我の夢の世界へと連れていってくれるディスコミュージック。

 

ワタクシUKが選ぶヴィンテージ曲ランキングシリーズ。

 

今回は

ディスコ・ミュージック編!

 

さ、ワタクシUKが独断と偏見で選ぶランキング10を、今日から何回かに分けて選出してみますよ!

 

主に、ディスコ・クラシック含め70〜80年代disco曲をっ!

 

定番中の定番曲はニキータでほとんど演奏してるので

なるべくニキータでやってない曲をっ!

 

セレクトしてランキン…グぅ〜 byエドはるみ

 

(↑もはやvintage?!)

 

 

 

第10位  ビージーズ  You should be dancing

 

1978年、映画「サタデーナイトフィーバー」上映を皮切りに、日本でもディスコミュージックがブレイク。ディスコブームが到来します。

 

「ベストヒットUSA」や「オールジャパンPOP20」などのラジオ音楽番組でビージーズの「ステインアライブ」や「恋のナイトフィーバー」、他「サタデーナイトフィーバー」サントラ盤に収録されてる曲が続々とチャートを賑わし「フィーバー」という言葉が流行ったのは僕が中学生の頃でした。

 

それまでのビージーズは「小さな恋のメロディ」に収録されてるようなおとなしめのフォークソングだったのに、ラジオから流れてきた新しいビージーズはなにかしらスタイリッシュな感じになって驚き、それからファンになってしまったのと同時に映画の主役ジョン・トラボルタにも魅了されたのでした。

 

映画「サタデーナイトフィーバー」の中で圧巻だった、トラボルタが一人でキレのよいダンスを披露する場面でかかっていた曲、

「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」

このシーンを何度も見たくなるのです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

第9位  シック  I want your love

「おしゃれフリーク」で大ヒットしたCHIC。

ギターはナイル・ロジャースですが、まず耳に入ってきたのはベースのフレーズとドラムの絶妙のタイム感。

 

当時のアルバムに収録されていた中でも印象の深い曲。

「アイ・ウォント・ユア・ラブ」

洗練された音作りにも心躍らずにはいられません。

映像を観てもその名の通りCHIC(おしゃれ)な装い。

ん〜stylish!

 

 

第8位  シェリルリン In the night

シェリル・リンといえば、

代表曲「ガットトゥビーリアル」そして、ニキータCDに収録されている「シェイクイットアップトゥナイト」ですが、

この曲「イン・ザ・ナイト」もあるでよという事でオススメ。

「イン・ザ・ナイト」

プロデューサーはあのRay Parker Jr.(レイパーカー・ジュニア)。

夜をクルージングするシティ・ポップ感溢れるこの曲は

早見優ちゃんとDJ osseyのTV番組「DISCO TRAIN」でもよくセレクトされてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、10〜8位までの曲、

個人的な好みもかなり占めてますが

ニキータでもやってみたいという気持ちも込めてセレクトしております。

 

いよいよミラーボールも速度が上がってこようとする頃ですが

 

夜はまだまだ長い。

 

まだまだビールも一杯目という事で(←よくわからん)

 

 

 

続きはまた

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

sponsored link


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"

2 件のコメント