銀座 &ライナーノーツ

スポンサーリンク

今日は銀座バーブラ。

 

 

出発です。

 

 

 

image

 

 

今日は銀座へ到着する間、

 

ニキータ苦節10年目にして制作いたしました初のファーストCD

 

【VINTAGE BEAT GOES ON】

 

 

image

 

このアルバムに入っている情熱と魂の曲たちを僕UKが僕流ライナーノーツ風に

お時間までご紹介していきたいと思います。

 

◆1.さすらいのギター

のっけから夏を彷彿させるテケテケサーフサウンドで幕を開けるこのナンバー!

原曲はフィンランドのインストギターグループ「ザ・サウンズ」のMandschurian Beat。

それに日本語の歌詞で歌ったのが小山ルミですが
我々ニキータはそのバージョンを凌ぐ
イントロはベンチャーズテイストにし、
2回目のサビはハーフビートにしたりと
ニキータ流アレンジが冴え渡る仕上がりに、(←自画自賛)

日本中の歌謡曲ファン、ベンチャーズファンを驚愕させ(大げさやろ)

一曲目からニキータの存在感を十分に知らしめたであろう。(←思い込みすぎやろ?!)

 

全体に散りばめられた山本直樹のパーカッションも素敵な存在感です。

 

 

◆2.涙のリフレイン

ラテンサンバビートに歌謡曲っぽいテイストのNIKITAオリジナル曲。

オリジナル用にあたためていた前身になる曲を、あーでもない、こーでもないとスタジオにてみんなでアレンジし、煮詰め、それにリーさんが作詞をして日の目を見たという涙のリフレイン。

 

バンドであれこれ考えて創ったものはやっぱ

ヨカネっ!(←クレイジーケン風に)

 

ヴィンテージ・ビートバンドでやる曲は
踊れるリズムじゃないと成立しないのです。

 

まずは踊れるイントロリフ、全体のビートで骨組を創り、流れ、キメを組み立てていきました。

 

その上に載せていったリーさん流のメロディとオンナゴコロの強烈な歌詞が印象に残ります。

 

みなさんご存知のあの部分はライブで「アーン!」と叫びましょう(笑)

 

 

さあ、そして3曲目は

 

◆3.DISCOメドレー(君の瞳に恋してる〜shake it up tonight〜CAFE)

◇君の瞳に恋してる
最近では某モバイルCMでもお馴染みのBOY TOWN GANGのキラーナンバー。

バブル期の象徴、ジュリアナ東京でワンレンボディコンのギャルが扇子を振り回しながら踊る世界を想像してしまいます。
ニキータライブではニキータタオルが登場し、最高潮に振られていますが、たまにオシボリを振ってる方も見受けます(笑)

 

◇shake it up tonight

この曲の歌い手シェリル・リンと言えば代表曲got to be realですが、

個人的にはこの曲とin the nightが大好きです。

80年代ダンクラナンバー。当時マハラジャで踊っていた方も多いのではないでしょうか。

ニキータバージョンではリーさんの歌とストリングスとギターのカッティングは鳥肌ものです。

 

◇CAFE
サンバ風なDISCOビートに、カフェ〜カフェ〜カフェ〜♪

キターーーーー!!って感じですね(^o^)

僕の少年時代にリアルタイムに流行った曲だから、
この曲やると決めた時はメチャテンションUPでした。

 

しかも僕が人生で初のボーカルレコーディング?!

どーーなってしまうのか?!

と思いましたが、あれが僕の精一杯です(^^;;

 

そして、やはり管楽器がヤバいです。

 

トロンボーン 村上 こうよう

トランペット 村上 信吾

サキソフォン 南雲 麻美

 

が奏でるホーンセクションの熱いサウンド!

そう、レコ発ライブで目撃したであろうニキータDXの面々。

 

血湧き肉踊る、豪華絢爛とはまさにこのこと。

カラダが動かずにはいられないでしょう。

 

ニキータDXパーカッションの直樹もいろんなアイテムが出てきて大活躍!

 

ホント、おしゃれなメドレーに仕上がりました。

 

世のDISCOファンをトリコにしたのは言うまでもないでしょう(←だから自信過剰だって)

 

 

今日はここまでですが、また後日に後半アップしたいと思います。

 

 

そして銀座バーブラ続きもまた後日!

 

ではでは☆


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村