ピックアップ・ヴィンテージナンバー You Should Be Dancing ビージーズ

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

現在、かつさんぽ動画編集奮闘中(^^;;

コロナの影響でこちらもまた、人が割と少ないと思われる築地。

そのの築地での朝呑みは意外と穴場だったんではないでしょうか。

遅くても日曜日、早くて明日アップできればいいな〜

もうしばらくお待ちくださいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ・ヴィンテージナンバー

 

今日のピックアップ・ヴィンテージナンバー

1976年ビージーズのアルバム『Children Of The World』から

ユー・シュッド・ビー・ダンシング (You Should Be Dancing)

ビージーズの音楽がディスコ・ミュージックへと変化を遂げた最初の曲、

また、ビージーズがこの辺の時期から顕著にファルセット・スタイルを多用するようになったと思われるこの曲は、(以前にも「ファニー」や「Love So Right」でファルセット使っていますが)

アメリカとカナダで1位を獲得。

まさに煌びやかでミラーボールも加速するようなゴキゲンなナンバーですね。

1年後には『サタデーナイト・フィーバーサントラ盤』に収録され

その映画で僕が一番大好きなシーンである、主役のジョン・トラボルタが

ディスコフロアでソロダンシングするシーンで使われました。

そのセンシティブに印象に残ったゴキゲンなナンバー「You Should Be Dancing」を聴きながらお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村