スリー・ディグリーズ日本公演2018 銀座ケントス

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

熱海の旅からの帰りの日、東京へ戻り向かった先は銀座ケントス。

楽しみにしていた【スリー・ディグリーズ公演】観に行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリー・ディグリーズ日本公演 銀座ケントス

 

1963年、ペンシルバニア州フィラデルフィアで結成された女性ソウルグループ、ザ・スリー・ディグリーズ。

今年2018年で結成55周年、

僕がちょうど生まれた時から活動してるんですね。

女性グループで50年以上の活動歴はギネスにも認定されてるそうな。

スリー・ディグリーズのメンバーこれまでに15人のメンバーが入れ替わってます。

本日の来日メンバーは

ヘレン・スコット

フレディ・プール

そして「天使のささやき」が全世界でヒットした全盛期時代のメンバー

バレリー・ホリデー

 

 

天使のささやき

 

 

 

上の動画は1976年頃の全盛期のメンバー

向かって右側の方がバレリー。

スリー・ディグリーズの主なヒットナンバーは、バレリーが在籍している頃の

◆【天使のささやき】はじめ

◆【荒野のならず者】

来日時にレコーディングした

◆【にがい涙】

フィラデルフィア・サウンド全開の

◆【ソウルトレインのテーマ】等

 

フィラデルフィア・ソウルを確立した作曲チーム、ギャンブル&ハフの手による主要なヒットナンバーももちろん披露してくれました。

 

 

 

【荒野のならず者(Dirty old man)】を

「ヤラシイオトコ」と曲紹介したり(笑)

【天使のささやき】では間奏後、

♪水色の朝  あなたに抱かれて〜♪

と、日本語バージョンが飛び出したり

【にがい涙】ではあのカタコト日本語歌詞と振り付けで客席もスパーク。

 

日本に馴染みのあるスリー・ディグリーズ

親日的な顔をのぞかせてくれます。

 

 

(アーティスト撮影は止められましたので場内の写真のみです(^^;;)

 

他にも

【Shake your groove thing】

【Givin’up Givin’in】

【Take good care of yourself】

【Ain’t no stoppin’ us now】

などなど

極上のコーラスとフィラデルフィア発フィリー・サウンドは

満席の会場をグルーブさせ、酔わせてくれます。

余談ですが日本の歌謡曲は、フィラデルフィア・サウンドの影響かなり受けてるなーと感じました。

 

 

 

 

 

 

驚いたのはアンコール。

曲目はアースウィンド&ファイヤの

【ブギー・ワンダーランド】でした。

アースとエモーションズが大好きなのでしょうか。

 

ラストはヘレン・スコットの面白いMCの押しで客席を総立ちに持っていき、全員で振り付けをさせるパフォーマンスはさすが!

 

 

 

 

 

ビルボードやコットンクラブでも来日公演しているスリー・ディグリーズ。

 

なのですが、銀座ケントスで観る方が値段が断然安いのでオススメ!

 

ここケントスに6月は

スタイリスティクスが来るので観に行きたいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

熱海から続く今回の旅

いい湯を頂き♨︎

地元の美味いものを食し

音楽的にも楽しく

感性の栄養をチャージし

ココロから羽を伸ばせた極楽の旅行シリーズでした。

 

 

 

 

 

このあと体重計に乗って

非情な現実を突きつけられるのがとてもこわいですがね(^^;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村