アイル・ビー・ゼア JACKSON5 ピックアップ・ヴィンテージナンバー

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

「うめかっちャんねる」で先日アップしたすっぽん料理の動画ですが

視聴率の反応が悪く、どうやらスベッた感が漂っていますね。。(汗)

動画アップして視聴率が伸びていると、YouTubeのAIから

「がんばりましたね」とか「順調です」とか、ふつうお褒めのメッセージが出るのですが

今回は視聴回数伸びないので

「普段の視聴者がこの動画をあまり視聴してません」とAI様から厳しいお言葉が。。^^;

すっぽんは高級料理だから、お高く見えるのかな〜??

なかなか他で見た事ないジャンルだし、いけると思ったんだけどな〜

でもこうやってデータがわかってくるので、

数打って、視聴者様が何を求めているかを探っていくしかないのです。

緊急事態宣言中で酒が飲めない今、全体的に視聴回数も下がってる中、

直近で一番伸びたのは意外にも「池袋ハシゴうなぎ」の動画でした。

なので、うめかっちゃんに求められているキーワードは【ハシゴ】なのだろうかと..

そんな仮説を立てて

次の新作かつさんぽは【焼肉ハシゴ】です。

どう反応が出るのだろうか?!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆今日の体重

 

昨日と変わらず。。。1食しかしてないのにどぼちて?

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ・ヴィンテージナンバー

 

 

 

今日のピックアップ・ヴィンテージナンバー

1970年 ジャクソン5の3rdアルバム『Third Album』からの先行シングル曲

アイル・ビー・ゼア  I’ll Be There

全米チャート1位、全英チャート4位。

デビュー曲の「帰ってほしいの」から4曲連続No.1の快挙を達成。

歌詞の内容は、片想いの女の子に誓う純粋な愛の歌。

それをマイケルは、当時まだ12歳というのに

綺麗なハイトーンで美しく歌いこなす、その天才っぷりには驚くばかりですね。

ジャクソン兄弟の長男ジャッキーと次男ティト

そして、この曲のテナー・ヴォーカルをとる三男ジャーメインで始めたバンドでしたが

六男のマイケル・ジャクソンが、その辺にあったボンゴを叩き出したのがあまりにも上手だったので

バンドへ入れる事に。そのうちマイケルはジェイムス・ブラウンのようなダンスを踊ったりして

そのショーマン・シップや努力っぷりに、兄弟は舌を巻いたみたいですね。

それまでリード・ヴォーカルを担当していたジャーメインがマイケルにバトンを渡したのは

それだけグループが成功する事を確信したのでしょう。

幼い時から才能溢れまくるマイケルが歌う「アイル・ビー・ゼア」を聴きながらお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




こちらの記事も人気です