クイーン 名曲 ヒット曲 おすすめ マイフェイバリット・チューン

sponsored link

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

イギリスのロックバンドを描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』が公開されるや異常な人気を呼び社会現象にまでなっていますね。

当時を知らない若い世代までもがリピーターになり夢中にさせているロックバンド

QUEEN(クイーン)

ヴォーカル  フレディ・マーキュリー

ギター  ブライアン・メイ

ベース  ジョン・ディーコン

ドラムス ロジャー・テイラー

1971年イギリスのロンドンで正式結成し、1973年デビューから1991年にフレディ・マーキュリーがこの世を去るまでに

この4人でメンバーそれぞれが作詞作曲をし、15枚のスタジオアルバムの他、数多くのベストアルバム、ライブアルバムを世に送り出し、ハードロックからオペラロック、ピアノロックからダンスミュージック等、スタイルの変化を恐れず大胆にチャレンジを続け、伝説を築き上げてきたQUEEN。

そのクイーン・マイフェイバリット・チューンでお贈りしたいと思います。

※映画『ボヘミアンラプソディ』ネタバレ含みます

 

伝説のチャンピオン

勝利を彷彿させるキャッチーなメロディが印象に残るQUEENの1977年のヒット曲

伝説のチャンピオン(We Are The Champions)

「ウィ・ウィル・ロック・ユー」と両A面としてシングルリリースされ

アルバム『世界に捧ぐ』でも2曲繋がって収録されたこの曲は、クイーンのライブに於いてもお約束のように「ウィウィル~伝説の」と2曲続けて演奏されました。

みんな一人ひとりが人生のチャンピオンなのです。

人生に困難は付きまといますが歯を食いしばって立ち向かって行こうと思わせる曲ですね。

 

 

 

マイ・ベスト・フレンド

1975年QUEENのアルバム『オペラ座の夜』から

マイ・ベスト・フレンド(You’re My Best Friend)

ベースのジョン・ディーコンが作詞作曲したこの曲は、ディーコンの妻に捧げるために作られました。

イントロからのエレクトリック・ピアノもディーコンが担当。

穏やかな性格のディーコンらしいポップで落ちついたナンバーですね。

「ベストフレンド」は友人でも家族でも妻でもペットでも、自分が一番大事にしているもののたとえで書かれ

「君がいるから僕は生きていけるんだ」というディーコンの心優しくハートフルな曲です。

 

 

 

レディオ・ガガ

1984年クイーンのドラムのロジャー・テイラーが作曲し

アルバム『The Works』に収録された レディオ・ガガ(Radio Ga Ga)

音楽少年だったロジャーがラジオを通じて色んなことを教わった古き良き時代をノスタルジックに歌ったそのレディオ・ガガは映画『ボヘミアン・ラプソディ』のライブエイドのシーンで「ボヘミアン・ラプソディ」に続く2曲目に演奏。

観客が一体となり手を上げてハンドクラップするスタジアムの壮大な場面にはグッとさせられました。

アメリカ女性歌手のレディー・ガガの名前はこの曲名が由来。

 

 

ドント・ストップ・ミー・ナウ

クイーンの1979年リリース7thアルバム『JAZZ』に収録された曲

ドント・ストップ・ミー・ナウ (Don’t Stop Me Now)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のエンディングロールでこの曲が流れた時、館内はどれだけの観客の涙で溢れかえったでしょう。

中学生の頃にヒットしていたクイーンの「バイシクル・レース」を聴くために買ったアルバム『JAZZ』に収録されていた「ドント・ストップ・ミー・ナウ」

クイーンにしては軽快でポップなナンバーだった事に驚いたのを思い出します。

映画でフレディの歴史や事実を知れば知るほど、この曲の歌詞も気になってきます。

そこにはやはり、フレディが当時「僕を止めないで」という破天荒な生き方が浮き彫りになってきますね。

 

今夜 僕は本当に楽しい時間を送るつもりさ 生きてるって実感してる
世界だってひっくり返しちゃうんだ 快楽の海に漂っているんだ

だからいま 僕を止めないで 僕を止めないで
だって 僕は楽しんでいるんだ ほんとに楽しい時を過ごしてるから

ドントストップミーナウ訳詞より

 

フレディもまたパーティが大好き過ぎて、毎日がハイパーな「パーリーピーポー」だったのでしょう。

 

 

 

 

次ページへ続く


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村