世界が愛するザ・ビートルズ マイフェイバリット・チューン10選

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

もしこの4人のバンドがこの世に出現しなかったら

現在の音楽シーンはどうなってたのだろう。。

それほど

全世界の人々に凄まじい影響力を与え、熱狂させ、

ギネス・ワールド・レコーズでは最も成功したグループ・アーティストと認定されたそのバンド

 

 

 

 

The BEATLES

 

 

 

 

 

 

 

Vo&Gu ジョン・レノン

Vo&Ba ポール・マッカートニー

Vo&Gu ジョージ・ハリスン

Vo&Dr リンゴ・スター

 

イギリスはリバプールが生んだこの4人のザ・ビートルズ

60年代初頭、作詞作曲は専門のプロに任せるのが当たり前だった時代

ビートルズは自らでオリジナル曲を作り、それをバンド全員がそれぞれ自らで歌い、楽器を弾きながら演奏もする。

1960年、前身となる「クオリーメン」から「ザ・ビートルズ」に改名し

1962年のレコードデビューから1970年に事実上解散するまで

マッシュルームカット(初期)の4人のアイドルは常に

人がやらない斬新さ革新さで世界を驚かせ続け

偉大なるアーティストとして歴史に名を残しました。

 

バンドや音楽に携わっている人は必ず通る道であり、憧れであり、オリジナルを作ることやバンドやる事の楽しさを教えてくれたザ・ビートルズ

 

UKが選ぶマイフェイバリット・シリーズ、今回は

 

ビートルズ・マイフェイバリット・チューン

 

でお贈りしたいと思います。

 

 

では早速いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

She Loves You

 

 

 

 

1963年4thシングル、作詞 作曲 レノン=マッカートニー

そしてジョン・レノンポール・マッカートニーがデュエットで歌う

 

シー・ラブズ・ユー

 

のっけから ♪She loves you!ヤーヤーヤー♪  と

いきなりサビを持ってくる展開は当時としては斬新な手法。

イントロの「ドドントドンドン♪」のドラムフィルがまた勢いを加速させてますね。

また歌詞としても

「彼女は君の事が好きなんだって」

と第三者的に間接話法で書いたこの歌は、従来の「僕が君にアイラブユー」のパターンを打破。

音を聴いても、ライブ映像を観ても

もう勢いが凄いですね。

頭のてっぺんからつま先まで彼らは自信に満ち溢れてますよね~

この曲「シー・ラブズ・ユー」はビートルズ初のミリオンヒットとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

???? ???? A A A ??ã?? ????¼ã「ºaã??ã?? ???? ??®ç»å????æ¤C '¢?? çμ??æ????

 

 

 

 

 

 

 

 

Don’t Bother Me

 

「ドントバザーミー」の画像検索結果

 

 

1963年、イギリスでの2ndアルバム『ウィズ・ザ・ビートルズ』から

ジョージ・ハリスン最初の自作曲、そしてリードヴォーカル曲

 

ドント・バザー・ミー

 

訳すると「わずらわさないでくれ」。

ジョンの仲間のビル・ハリーからジョージに「君はなぜ曲を作らないの?」と訊ねられた事に対してのアンサーソングと言われてます。

この場合「わずらわせないでくれ」というより

「ほっといてんか?!」

という解釈でいいのでしょう。

 

甘いけどビターなテイストのこの曲&サウンド。

ジョージが作っても誰が作ってもやはりビートルズ・テイストになってしまうところが

やはりバンドたる所以なのでしょうね。

ただジョージにとって、この初オリジナルが単なるマグレで創られた訳ではなく

彼がホントウの才能ある作曲家であったことを、のちのち歴史が証明していったのは周知の事実であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

If I Fell

 

##############*************************************************** ??? ?? ??æ¤??ç '¢çμ??

 

 

 

1964年リリース3rdアルバム『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』収録曲

 

恋におちたら

 

レノン=マッカートニーとの表記ですが実質的にはジョン・レノンの作品。

それはもう美しすぎる曲調。。

メロディメイクのセンスとハーモニーが素晴らしい事も

ビートルズの特徴である事は今さら言うまでもないですが

 

さらに注目すべきはこの「恋におちたら」の歌詞。

 

僕はあなたの事が好きなんだ

きっと彼女は涙を流すんだろう

僕らが一緒にいることを知ったらきっと

恋におちたら 訳詞より>

 

 

意味深ですね〜

 

ジョンがインタビューでこの曲は「当時の妻以外の女性との半自叙的な曲」と語っているのです。

60年代当時からそういう「不倫」や「浮気」を匂わす歌があったのですね。

やはり、いつの時代も

 

「不倫は文化 by 石田純一」なのでしょうか。。(汗)

 

下の映像はビートルズ初の主演映画『A Hard Days Night』からの「恋におちたら」。

自分のドラムセットをTV局のスタッフが勝手に触った事に

ヘソを曲げたリンゴジョンが歌でなだめるシーンから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

##############*************************************************** ??? ?? ??æ¤??ç '¢çμ??

 

 

 

 

 

続きは次ページへ

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村