ペイパーバック・ライター THE BEATLES ビートルズ・マイフェイバリット・チューン5

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

今日はビートルズ・マイフェイバリット・チューン5

いってみましょう!

 

 

 

 

 

「ペイパーバックライター ビートルズ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

Paperback  Writer

 

「ペイパーバックライター ビートルズ」の画像検索結果

 

 

 

1966年リリース12thオリジナルシングル曲

実質的にポール・マッカートニーの作品

 

ペイパーバック・ライター

 

リードボーカルもポールのこの曲、

ディストーションの効いたギターリフからのリンゴ・スターのヘヴィーなドラムが好き。

リンゴならではの「間」がまた気持ちいいですね。

そしてポールのリッケンバッカー・ベースがもうエネルギッシュ。

 

初めてラウド・スピーカーを導入し録音した曲である。

ベースの音圧をMAXに上げ、ベースライン(低音)がはっきり聴こえる音の作りになり

それ以降ベース・ギターがビートルズサウンドの中核となった。

< Wikipediaより>

 

サウンド面で変革があり、また歌詞では

 

担当の方々

僕の本を読んでくれますか?

何年もかけてこの本を書きました

ペイパーバックライター訳詞より>

 

と、手紙風に切り出す手法。

出版社に売り込んで作家になりたがっている作家志望の男の歌で

ポールが今までのラブソングから題材を広げた意欲作。

歌詞もサウンドも革新的な一曲ですね。

 

メンバーが幼い頃に聴き慣れた「フランスの童謡」をバックコーラスにしのばせる遊びゴコロも忘れてません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ペイパーバックライター ビートルズ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村