二人だけ・番格ロックのテーマ・ジョニーBグッド  CAROL マイランキング5

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

今日はキャロルマイランキング5

いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人だけ

 

 

 

1973年5月、6thシングル

作詞 ジョニー大倉 作曲 矢沢永吉

ジョニー大倉の真骨頂である

スウィート・ヴォイスが月夜にこぼれる

不朽のラブ・ソング

 

 

二人だけ

 

♪たとえ今 遠くても

会いに行く うそじゃない

I need you  I need you  babe

月は輝いて Tenderly

君がまぶしくて Close my eyes

Oh… ♪

 

キャロルの「動」が矢沢なら、ジョニーは「静」。

エネルギッシュで力強い矢沢と、甘くて繊細なジョニー。

ジョニーが歌う「コーヒーショップの女の娘」「恋する涙」「ハニー・エンジェル」等の

スローやミディアムナンバーも、ハートがトロけるほど絶品なのがキャロルの魅力でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番格ロックのテーマ (録音風景レア映像)

 

 

 

 

1974年2月、8thシングル

 

番格ロックのテーマ

 

の、英語バージョン録音風景。

貴重な映像ですね~

作詞 ジョニー大倉 作曲 矢沢永吉

「静」と「動」の二人の感性が溶け合っていく

まるで、レノン/マッカートニー

もしくは、ジャガー/リチャーズが

デモ音源作成をしている世界を見ているようです。

 

ドキュメンタリー・アルバム【グッバイ・キャロル】を聴いてもわかるようにキャロルの曲は最初、

英語(アバウト英語)で作っているのです。

ビートルズやブリティッシュ・ビート等の

イギリスの洋楽っぽいテイストをイメージしていたのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョニー・B・グッド

 

1974年、ONE STEP POP FESTIVAL出演時の映像から。

原曲はチャック・ベリーの不滅のロックンロール

 

ジョニー・B・グッド

 

このライブ映像を観ると

この時代にこのノリ、ドライブ感、音、スタイル、アクション。

どれをとっても、もう理屈抜きにカッコいい!

どんな他のバンドよりキャロルはズバ抜けてたと思います。

 

ウッチャンのドライブするギター、タイトなドラムのユウ岡崎、

ジョニーの突き抜けるボーカル

そしてなんといっても矢沢のベース、

ブリブリ、トゥーン♪ トゥーン♪と、ポール・マッカートニーばりのベースの音がたまりません。

 

 

この時代にセンセーショナルな出現をしたキャロル。

この頃、コンサートはどこも満員で

GSブーム以来の失神者も出るほどパニック状態だったそうです。(wikipedia参照)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、続きはまた!

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村