CAROL マイランキング① レディ・セブンティーン

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

みなさまからご好評を頂いております、ワタクシUKが選出する【マイランキング・シリーズ】

 

さ、今回のマイランキングに選ばれたエントリー・ミュージックは!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう!

 

 

 

 

 

 

◆ボーカル&ベース 矢沢永吉

◆ボーカル&サイドギター ジョニー大倉

◆リードギター 内海利勝

◆ドラムス ユウ岡崎

 

あの伝説の四人が織りなす

グレイトなロックンロール・バンド!

 

I’ts  a

 

CAROL

 

 

 

 

 

1972に結成され1975年に解散するまでのわずか2年半

その誕生、活動と共に

日本のロックシーンに大いなる影響を残したバンド、キャロル

ラストの1975.4.13日比谷野音で燃え尽きた解散ライブは

40年過ぎた現在もなお、伝説として生き続けています。

 

キャロルと言えば

僕もGUTSで演奏させてもらってますし

つい先日

ウッちゃんこと内海利勝さん、ジョニー大倉Jr.のケンイチ大倉をゲストに

開催した【キャロル祭り】の興奮も覚めやらないほど

キャロルには熱い思い入れがあります。

 

 

小学校の頃、キャロルの名前を知った時には

とうに解散してましたが

のちのち聞いたそのサウンド、曲、スタイル、リーゼントetc

僕に及ぼしたその影響力たるや

それまでのハードロック一辺倒の僕を大きく揺り動かしたインパクトなのでした。

その後、僕のバンド人生への導火線に火をつけたバンドとも言える

キャロルのマイランキングをスタートしたいと思います。

 

 

 

 

では早速、まいりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディ・セブンティーン

 

 

 

1972年、フジテレビの「リブ・ヤング」に初TV出演したキャロル

ミッキー・カーティスの目に留まり

そこからメジャー・デビューへと繋がり

日本フォノグラムより1972年12月から1973年6月まで7枚のシングルを

毎月立て続けにリリースしました。

 

1973年3月

4枚目のシングルとなった

 

レディ・セブンティーン

 

作詞 ジョニー大倉 作曲 矢沢永吉

このコンビは、もうレノン/マッカートニー!

キャロルは日本のビートルズと言えるでしょう。

日本語と英語をミックスさせた独特の歌詞や歌い方を

ビートの効いたサウンドに乗せたロックを確立させ

ひいてはこの手法が現代のJ-POPの発展へと至らせた事は

キャロル最大の功績と論じられたのでした。

 

ジョニーの声、矢沢のコーラス、ギターリフ、メロディ、曲調、サウンド

どれをとってもワクワクさせるこの一曲は

最近になってようやく我がバンド、ニキータ4のレパートリーとなりました。(嬉)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村