魅せられた夜 沢田研二 ヒット曲 マイランキング 5

スポンサーリンク

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日の沢田研二マイランキングは

1973年にポリドールレコードからリリースした8枚目シングル曲を。

 

 

 

 

 

 

 

 

魅せられた夜

 

1973年 8枚目シングルは

フレンチ・ポップスのカバー。

原曲はMike Brant の「Mais dans la lumiere」

作詞・作曲Jean Renard 訳詞 安井かずみ

 

魅せられた夜

 

♪ジュテーム、ジュテーム、ジュテーム♪のフレーズが印象的な

柔らかく甘い歌ですね。

でもなぜ急にフランスのカバー曲だったのだろうと疑問でした。

路線変更なのかなとも思いましたが

今まで作曲チームだった加瀬邦彦が編曲に回ったり

安井かずみが訳詞したり

ブレーンはそのままのところを見ると

あえてカバーにして

ジュリー色のイメージ戦略を優先したのかなとも考えます。

結果的には原曲よりすごくいい曲に仕上がってるし

ジュリー色のイメージがますます確立されたと言える一曲ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1973年

 

この「魅せられた夜」の発売日は

1973年11月21日

僕のジャスト10歳の誕生日なのですね。

いい時代だった思い出がタイムスリップします。

1973年、僕が小学生の頃にヒットした洋楽は

カーペンターズ「イエスタデイワンスモア」「トップオブザワールド」

ローリングストーンズ「悲しみのアンジー」

スリー・ディグリーズ「荒野のならず者」

ドゥービーブラザーズ「ロングトレインランニング」

スティービーワンダー「迷信」等。

 

日本では

フィンガー5や、<スター誕生>で合格した山口百恵や桜田淳子らがデビューした年。

西城秀樹、郷ひろみ、野口五郎が新御三家と呼ばれ

五木ひろしの「夜空」が第15回日本レコード大賞を受賞しました。

< Wikipedia参照>

また、

1972年12月4日から1973年11月26日付のオリコン年間トップ50によると

5位の沢田研二「危険なふたり」をも追い抜いて、オリコン年間トップの

第2位に輝いた曲は

 

 

 

 

 

 

宮史郎とぴんからトリオ「女のねがい」

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

第4位のちあきなおみ「喝采」をもブッちぎって

 

栄光の第1位の座を

 

獲得した曲は

 

 

 

 

 

 

 

宮史郎とぴんからトリオ「女のみち」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴんからトリオ

1位と2位を独占?!

そーいや、ぴんからトリオ この時期最強だったですよね

 

 

ちなみに

 

オリコンの歴代では

1位の「およげたいやきくん」に続き

ぴんからトリオの「女のみち」が歴代第2位!

 

 

その後も「女のゆめ」「女のきず」等【女シリーズ】をヒットさせた宮史郎さんは

2012年に歌謡界の星となって天国へ旅立たれました。

 

 

 

活気ある昭和時代の日本歌謡界に貢献し、数々の偉業を残した宮史郎さんへ哀悼をこめて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村