マイランキング・ ソウルミュージック編 ④ おすすめ70年代 ニューソウル

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

マイランキングソウルミュージック編

 

今日は【ニュー・ソウル】をテーマにまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ニュー・ソウル

 

70年代に入ると、黒人の運命共同体的な思想は終息に向かい、「個」の感性を優先する風潮へと変化していきました。

保守的なポップミュージックとしてのその頃のソウルミュージックから

マーヴィン・ゲイ、カーティスメイフィールド、ダニーハサウェイ、スティービーワンダー等に象徴される

ベトナム戦争や公民権法等の社会性が反映された内省的な歌詞や

音楽的にもジャズやロック、クラシックを取り入れた、新しく洗練されたサウンドへの創造へと向かった時代のブラックミュージックを

「ニュー・ソウル」と呼びました。

 

 

 

 

 

マイランキングソウルミュージック編

第7位は

そのニュー・ソウルと言われたアーティストの曲から。

 

 

 

 

 

 

 

 

第7位 Move on up  カーティス・メイフィールド

 

 

のっけからホーンセクションがスパーク!

疾走感あるドラムとパーカッションもヤバすぎる。

途中からのドラム&パーカスソロは脳汁出まくり注意報発令。

 

60年代に活動していたインプレッションズからソロになったCurtis Mayfieldが

70年リリースした1stアルバム「Curtis」から

 

ムーブ・オン・アップ

 

この曲日本ではエゴラッピン、他にも海外の多数のアーティストからカバーされました。

特にポール・ウェラーは自身のバンド、ザ・ジャム、スタイルカウンシルの2期ともにカバーをするほどリスペクトソングだったのでしょう。

 

Move on up 訳すと

「顔をあげて進め」

そして

「俺たちなら出来るさ

俺たちなら進めるさ」と歌詞が続く。

 

ニューソウルらしい

メッセージ性熱いソウルナンバー。

 

こののち、Curtis Mayfieldは

1972年に映画「Superfly」のサントラ「スーパーフライ」を発表し、ビルボードHot 100で1位を獲得する。(wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

[itemlink post_id=”19003″]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この曲、Move on upをカバーするポール・ウェラーが2018年に来日するという情報が入ったのでワタクシUKは観に行ってきます。

2018/1/22(月)EXシアター六本木 PALL WELLER JAPAN TOUR

 

 

 

 

 

 

 

ポール・ウェラー 来日JAPAN TOUR 2018 ライブレポート 1/22 六本木EXシアター

2018.01.23

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

◆ソウルミュージックマイランキング総集編はこちら

おすすめ ソウルミュージック 名曲 60~70年代 人気曲 マイランキング 総集編

 

 

 

◆前回のランキング

マイランキング・ソウルミュージック編③

 

 

◆ソウルランキング⑤はこちら

マイランキング ソウルミュージック編 ⑤ おすすめ60年代 モータウン

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村