おすすめ70〜80年代ディスコ曲ランキング番外編

スポンサーリンク

 

どーも みなさん こんばんは!

時代錯誤のドラマー、UKです。

 

70年代後期から世界的に変化が起きたミュージックシーン。

当時のヒット曲、ロッドスチュワートの「アイムセクシー」やローリングストーンズの「ミスユー」等を聴けば歴然のとおり、明らかに意識したのであろうディスコパターンのアレンジ。

【ロック】と呼ばれるアーティストまでもが、バスドラ四分音符打ちのディスコリズムアレンジになって、こぞって新曲をリリースしていたのは驚きでした。

それだけ影響力が強かった70年代第一次ディスコブーム時代。

 

ワタクシUKが選ぶ70〜80年代ディスコ曲マイランキング。

 

10位から4位まで発表しましたが、

 

さ、いよいよ、

ベスト3に行く前にっ!

 

今回も番外ランキング編発表です。

 

 

前回のランキング(7〜4位)↓

UKが選ぶディスコ曲ランキング10❷

 

 

 

 

番外ランキング❶   ドナ・サマー  Bad Girl

 

ニキータライブでも鉄板で盛り上がる「ホットスタッフ」。

グラミー賞を5回も獲り、ディスコ・クイーンの名誉を欲しいままにした

ドナ・サマーは、「ホットスタッフ」「オンザレディオ」「マッカーサーパーク」等の数々のビッグヒットを生み出します。

 

僕の時代のドナ・サマー・ヒットチューンは

バッド・ガール

ラジオはもちろん、通っていた自動車学校の待合室の有線からもよくかかっていました。

 

イントロのギターからゴキゲンに始まるバッド・ガール。

ディスコ・ミュージックはこのギターカッティングも命ですね。

 

 

 

 

番外ランキング❷  ホット・ブラッド Soul Dracula

時は遡り、僕が中学生の頃

ディスコブームの火付け役となった「サタデーナイトフィーバー」が上映される随分前に、ラジオやあちこちのいろんな場所で耳にし、

少年ながらに怖いイメージと大人の世界への憧憬をちょっぴり抱いた曲、

 

ソウル・ドラキュラ

 

「ホット・ブラッド」というフランスのグルーブがヒットさせ、

その奇怪ブームに便乗した「ソウル・フランケンシュタイン」や「セクシー・ドラキュラ」とかの類似した曲が登場してきたが「ソウルドラキュラ」ほどは売れなかったみたい。 (Wikipedia 参照)

ニキータでもよくリクエストされるので

そろそろチャレンジしたい曲ですね。

 

スポンサーリンク

番外ランキング❸  ダイアナ・ロス&マービン・ゲイ  You are everything

ディスコミュージックには、アゲアゲなダンスナンバーの他にも

スローなチークナンバーもあります。

 

男女がお互いに向かい合い、手をとり、スローな曲に身を委ねて体を揺らすチークダンス。

 

 

チークダンスの定番曲といえば「メリージェーン」ですが

 

他にも、ダイアナ・ロスのスウィートな声と対照的なマービンゲイのシャウトが印象的で

全体の曲調が胸をキュンとさせる

 

ユー・アー・エブリシング

 

この曲もチークタイムで流れてたと聞きます。

 

ミラーボールの速度もゆっくりになり、ディスコ&ソウル特有のスウィートで切ない夢の世界へ・・僕も身を委ねてみたいチークダンス希望。

 

 

 

 

番外ランキング❹  クール&ザ・ギャング  Get down on it

90年代前半になるとバブル景気も終焉を迎えると同時に、バンドブームも去り、

メジャーとの契約が切れ、僕の人生も絶頂期から坂道を転げ落ちて行くのです。

 

ヴィジュアル系バンドやTK(小室哲哉)サウンドが台頭し、

チャートを占めるようになった90年代前半頃、

僕たちバンドブームあがりは完全に蚊帳の外に弾かれました(^^;;

 

バブルの時代を名残り惜しむかのように聴こえてきたクール&ザ・ギャング

 

ゲットダウン・オン・イット

 

 

再起をかけ奮闘していた
その当時を思い起こさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、ランキング番外編❶〜❹でした。

 

 

 

さあ、いよいよ次回はベスト3です。

 

続きはまた!

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました!

 

 

 

ランキング10〜8位はこちら↓

UKが選ぶディスコ曲ランキング10❶

 

 

sponsored link


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"