ベンチャーズ 名曲 懐かしの人気曲 おすすめマイランキング 総集編

 

 

みなさんどーも!UKです。

僕が活動させてもらっているバンド【ニキータ4】のイメージをひと言で連想させるのに

これ以上の相応しいサブタイトルはないんじゃないかとの想いで名付けました【ヴィンテージ・ビート・バンド】

その代表的異名である【ヴィンテージ・ビート】の珠玉の曲達で彩られるニキータワールドは

<オールディーズ> <DISCO>にとどまらず

<ベンチャーズ> <歌謡曲> <グループサウンズ> <サンタナ他、インストゥルメンタル>という

多岐にわたるカテゴリーで構成されているのはみなさんすでにご存知の事でしょう。。

 

と、このシリーズを始めるにあたり、ちょっとばかりかしこまって書いてみましたが(^^;;

 

今回はそのカテゴリーの中のひとつ

The Ventures !

 

1958年に結成され、2度目に来日した1965年に大エレキブームを巻き起こし

特に人気を博した日本の音楽界全般に影響を与えたグループとして

2008年にはロックの殿堂入りを果たしたベンチャーズ。

 

そのベンチャーズの名曲ランキングを

今回から始まるシリーズ【UKが選ぶヴィンテージ曲マイランキングシリーズ】のトップで飾り

カンゼンにワタクシ好みの独断と偏見ではございますが、その曲と出会った思い出なんかを交えながらベンチャーズの名曲を選出してみたいと思います。

 

 

それでは、おかみさ〜ん

時間ですよ〜!

ん〜vintage・・(ん〜マンダム調に)

 

 

 

第10位  木の葉の子守唄

 

僕が初めてベンチャーズを教えてもらったのは横道坊主でした。

ネオンの社交場が長崎の思案橋通り、丸山あたりの繁華街に爛爛とひしめき合い活気に溢れていた昭和58年頃

【マンモスキャバレーニュー桃太郎】のキャバレーバンドとして横道坊主のドラマーだった僕はそこでやっと初めてギャラを貰う仕事にありつけました。

 

「プロなんだからレパートリーを増やせ!」と

マネージャーから檄を飛ばされた横道坊主の今井とタンゲから

「ベンチャーズばやろうで」と言われ初めて耳にしたのがこの曲

 

木の葉の子守唄

 

♪のってけのってけのってけサーフィン〜♪と「太陽の彼方へ」を歌ってたのはゴールデンハーフですが

その原曲であるエレキインストバンドの「アストロノーツ」がずっとベンチャーズだとばかり思い込んでいた僕は

ベンチャーズに関しては全く無知な少年でした。

 

タカタカタカタカ・・と16分音符のスネアから始まり

疾走感溢れるビートに重なっていくあの独特のエレキサウンドのメロディ。

今まで聴いた事のなかったそのサウンドは秒速で僕の心に焼き付き、衝撃を受けたのを思い出します。

 

こういうエレキサウンドの世界もあるんだーとそれからベンチャーズに夢中になっていくキッカケになった曲でした。

 

 

 

 

 

 

 

第9位  さすらいのギター

 

これまたラテンパーカッションとドラムからスタートし日本人好みのメロディがインパクトとして僕のハートを鷲掴みにした

 

さすらいのギター

 

キャバレーでのステージでもよく一曲目の演奏曲に選ばれていました。

原曲はヨーロッパのインストバンド【ザ・サウンズ】が演奏し、日本では歌モノとして【小山ルミ】の代表曲で有名ですね。

ニキータのCDにもドあたまに収録されているように、この曲への「スペシャルな思い入れ」が伝わると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

第8位  十番街の殺人

 

もともと原曲はミュージカルのスローなナンバーでシャドウズもカバーしてましたが全くといっていいほどベンチャーズアレンジで形を変えた

 

十番街の殺人

 

そのアレンジ能力はズバ抜けて優れていることをベンチャーズは証明したのでした。

歪んだエレキサウンドとスモーキーなその世界感は僕をベンチャーズファンとして確定的にし、

まさに収録されているアルバムタイトル通り【ノックミーアウト】になってしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチャーズ曲との再会

 

僕はロックバンド横道坊主を卒業したあと(脱退ともいう(^^;;)

1996年頃からThe Visitorというバンドに注力していましたが

The Visitor初CDをリリースし、全国何ヶ所かのツアーも廻り、2000年も幕を開け

順調そのものであったミレニアムイヤーに青天の霹靂!

The Visitorは突然、事実上解散という憂き目に遭うことになるのでした・・。

このバンドで死ぬまでやって行こうと決意していただけにショックはかなりデカく僕は暫く人生の途方に暮れていました。。。

それから何年かが過ぎ、たびたび僕の脳裏をかすめ

記憶の奥底から滲み出てくるように聴こえてきたのはベンチャーズサウンドだったのです。

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村