【初めての入院】「網膜前膜」手術レポ うめかっちゃんのブルルン滞在記 21/1/6

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!うめかっちゃんです。

 

ここ何ヶ月、

目の見えづらさが進行し

ボヤけ、視界が歪んで見えていた僕の左目。

眼科へ行ったら

【網膜前膜】と診断結果が!(ガ〜ン)

 

 

 

 

 

「手術してもあまり変わらないかもだけど

このままだと今より見えなくなるよ」

と、宣告する眼科の先生。

【ドラムもできるユーチューバー(笑)】の僕としては

目が見えないのは死活問題だと判断し

手術を決意し、予約をし

昨日、手術を執り行いました。

 

 

 

 

 

 

入院は34日という、

人生初の入院生活です(汗)

今日はその2日目の朝!

初めての入院で慣れないのもあり

あまり寝れなかったなぁ。。

 

入院初日の昨日、

「網膜前膜」のオペを無事に終えまして

左目にまだ違和感は残ってますが、

先生は大丈夫と言ってるので安心しておきます。

 

いや〜、初の目の手術。。

はじめてだから

ごわがづだ〜🙁;゙゚ω゚‘):

手術室へ向かうまでの車椅子で移動するあのドキドキ感。。

まるでTVの病院ドラマに出てくるような緊迫感でしたね()

診察台へどうぞと言われると同時に

ガッ!と照らされるライト・・

ドクッドクッと高まる心臓の鼓動・・

ホントに僕は小心者なので、

カラダもこわばる、

そしてブルルンと震える、

ブルルン、ブルルン、ブルルン滞在記?!(^^;;

 

目の所があいた布をかぶせられ

左目を大きく開けた状態で器具固定したら

もう、まな板の上の鯉状態。。

すると、左目の上に?!

ジワジワ、ジワジワと、、(ゴクリッ)

迫ってくる注射器の針?!

 

い・き・な・り・か・よ?!

 

目の手術は、

目ん玉に注射の針ブッ刺されると噂に聞いてたから

迫ってくる針の恐怖に、

おののくおののくおのののか?!

もう、おののかないワケないでしょ()

恐怖のるつぼと化すまな板の上の鯉?!

そしたら?

タラタラタラタラ..と

注射器の針から液剤が落ちてきました。。

ビックリしたなーーもう、、

注射器は麻酔液を垂らすためだったんですね〜

まぎらわしいんだからー

いきなり目ん玉ブッ刺されるのかなー

と思ったよ。。(冷や汗)

さ、時折、液剤が目に流されながらオペ開始。

局部麻酔なので先生や周りの声も聞こえるし

うっすらとオペしているのがわかる。

12回だけ、ほんの少し痛くなりそうだったので、大げさに

「先生痛いかも」って言うと

「梅本さんは大酒飲み?

酒飲みは麻酔の効きが悪いんだよね」だって()

なので、麻酔を人より多めにしてくれました(^^;;

麻酔も完全に効き、痛みや触感もゼロ。

途中からは視界にいろんなカラーが見えてきて

万華鏡みたいなものを見ている感じだったなぁ。。

膜を剥がす時には、その影みたいなのも見えるけど

ピンセットとかが目や膜に触れているのも全く感じない。

不思議な感じ。。

ホントに

不思議な世界を見ている感じでした。

1時間のオペって聞いてたけど

正味25分くらいで終わりました。

「白内障」も同時に手術してくれました。

あ、それとPCR検査も陰性でしたよ!(ホッ)

 

 

 

 

「網膜前膜」は加齢が原因で、30人にひとりはなるみたい。

歳になればどんどんガタがくるのはわかるけど

それにしても、よりによって

僕の「つぶらな瞳」がね〜。。

 

次回会う時は

サングラスを外すと??

 

「キラキラお目目」になってるかも?(笑)

 

 

 

 

みなさんご心配おかけしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村