志村けんさん追悼 ピックアップ・ヴィンテージナンバー It’s A Shame スピナーズ

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

昨日はYouTubeで志村けんさんの追悼番組見てました。

志村けんさんの死によって、あらためてコロナの恐ろしさを教えてくれたのですが

コロナで一括りにされるのは悲しすぎる。

志村けんさんが残してきた軌跡は偉大だ。

「変なおじさん」や「バカ殿」等

不完全な人間を笑いに変えたり

いかりや長介さんもそうですが、あれだけ膨大なネタを思いつく才能。

お茶の間に親しまれ続け

笑いの歴史を築いたきたその功績は計り知れない。

それを小池知事は「最後の功績も大きい」ってどうなんだろうか。

これからも生きようとしていたはずだし、TVに戻ってくると信じてたはずだし・・。

 

ソウルミュージック好きでも知られていた偉大なる志村けんさん

心よりご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ・ヴィンテージナンバー

 

今日のピックアップ・ヴィンテージナンバー

1970年 デトロイト出身の男性ソウルヴォーカル・グループ スピナーズ。

モータウン時代にリリースした2ndアルバム『2nd Time Around』より

イッツ・ア・シェイム (It’s A Shame)

曲はスティーヴィー・ワンダーがソングライト&プロデュース。

イントロのカッティングギターからワクワクさせ、サビのファルセットとシャウトに面食らう。

バックコーラスも素敵でアーバン。

しかし、歌詞は「残念だ」とか「ガッカリだ」という内容のこの曲を

志村けんさんの追悼曲に選ばせてもらいます。

そのスピナーズの

イッツ・ア・シェイム」を聴きながらお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた☆

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村