グッド・タイムス CHIC マイフェイバリット・チューン2

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日はCHIC マイフェイバリット・チューン2いってみましょう!

 

 

 

「CHIC」の画像検索結果

 

 

 

 

 

Good Times

 

「chic good times」の画像検索結果

 

 

 

1979年リリースCHICの3rdアルバム『危険な関係(Risque)』より全米No.1ヒット

 

グッド・タイムス

 

ナイル・ロジャースがきらびやかにキレッキレのカッティングギターを刻む。

スピーカーから聴こえてくるド真ん中には、タイトでパンチのあるトニー・トンプソンの4分打ちドラムビートが陣取り【CHIC SOUND】のアンサンブルを支えている。

そしてバーナード・エドワーズのベースライン

 

♪デッデッデッ デーデデッデッ デッデッデーデデ♪

 

このフレーズ、クイーンの曲にも似てるのありますが Queen – Another One Bites The Dust

もちろんクイーンの方が後なので

こういうのはパクリと言うより、リスペクトコピーですね。

それほどCHICROCKの世界からも注目されてたのでしょう

 

【おしゃれフリーク】の時もそうですが、このバーナードのベースを一度聴いたら一発で耳に残る。

実際、バーナードのベースプレイは世界から注目され、CHICの活動停滞後はプロデューサーとしても一躍脚光を浴びる事となりました。

しかし1996年、日本武道館にてCHIC再結成公演最終日を終えた翌晩、バーナードはホテルの部屋で急死、帰らぬ人に。。

 

バーナードの名ベースフレーズ、名プレイを残し、ナイルのギターリフも心憎いくらいカッコいいこの曲

4つくらいのコード進行だけでリズムが繰り返されるだけなのに、ずっと聴いてても飽きないこの曲グッド・タイムスは、

ラップの世界からもリスペクトされ

シュガーヒルギャング「Rapper’s delight 」等の元ネタにもなり再び注目を集めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆音源は原曲の当時の音だけど、下の映像CHIC ライブ in アムステルダム2004(オリジナルメンバーはナイルロジャースのみ)のこちらのほうが音はいいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

「chicバーナードエドワーズ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

CHIC (シック) おすすめ 名曲 マイフェイバリット・チューン

2018.10.04

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村