ザ・ビートルズ マイフェイバリット・チューン1

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

もしこの4人のバンドがこの世に出現しなかったら

現在の音楽シーンはどうなってたのだろう。。

それほど

全世界の人々に凄まじい影響力を与え、熱狂させ、

ギネス・ワールド・レコーズでは最も成功したグループ・アーティストと認定されたそのバンド

 

 

 

 

The BEATLES

 

 

 

 

 

 

 

Vo&Gu ジョン・レノン

Vo&Ba ポール・マッカートニー

Vo&Gu ジョージ・ハリスン

Vo&Dr リンゴ・スター

 

イギリスはリバプールが生んだこの4人のザ・ビートルズ

60年代初頭、作詞作曲は専門のプロに任せるのが当たり前だった時代

ビートルズは自らでオリジナル曲を作り、それをバンド全員がそれぞれ自らで歌い、楽器を弾きながら演奏もする。

1960年、前身となる「クオリーメン」から「ザ・ビートルズ」に改名し

1962年のレコードデビューから1970年に事実上解散するまで

マッシュルームカット(初期)の4人のアイドルは常に

人がやらない斬新さ革新さで世界を驚かせ続け

偉大なるアーティストとして歴史に名を残しました。

 

バンドや音楽に携わっている人は必ず通る道であり、憧れであり、オリジナルを作ることやバンドやる事の楽しさを教えてくれたザ・ビートルズ

 

UKが選ぶマイフェイバリット・シリーズ、今回は

 

ビートルズ・マイフェイバリット・チューン

 

でお贈りしたいと思います。

 

 

では早速いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

She Loves You

 

 

 

 

1963年4thシングル

作詞 作曲 レノン=マッカートニー

そしてジョン・レノンとポール・マッカートニーがデュエットで歌う

 

シー・ラブズ・ユー

 

のっけから

♪She loves you!ヤーヤーヤー♪  と

いきなりサビを持ってくる展開は当時としては斬新な手法。

イントロの「ドドントドンドン♪」のドラムフィルがまた勢いを加速させてますね。

また歌詞としても

「彼女は君の事が好きなんだって」

と第三者的に間接話法で書いたこの歌は、従来の「僕が君にアイラブユー」のパターンを打破。

音を聴いても、ライブ映像を観ても

もう勢いが凄いですね。

頭のてっぺんからつま先まで彼らは自信に満ち溢れてると思いません?

この曲「シー・ラブズ・ユー」はビートルズ初のミリオンヒットとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ビートルズ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村