Got to be Real シェリル・リン/ I Heard a Rumour バナナラマ ディスコミュージック・マイフェイバリット・チューン3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

今日はディスコミュージック・マイフェイバリット・チューン3

 

 

2曲いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガット・トゥ・ビー・リアル   Cheryl Lynn

 

 

 

ロスアンジェルスでゴスペルを歌っていたシェリル・リンは出演したオーディション番組で注目を集め

TOTOのデヴィッド・ペイチとデヴィッド・フォスターのプロデュースのもと

 

ガット・トゥ・ビー・リアル

 

でメジャーデビューへ。

この曲、R&Bチャート、ディスコチャート1位へと駆け上がり、ビルボード最高位12位を記録しました。

 

シェリル・リンのハイトーンの歌と

レイ・パーカーjr(Gu)チャック・レイニー(Ba)ジェイムス・ギャドソン(Dr)が繰り出す小気味よいリズムが印象的なこの曲は

パティラベル、倖田來未らもカバーし、ドリカムもリスペクトするほどのディスコ・クラシックの名曲に。

以降、シェリルは「シェイクイットアップ・トゥナイト」「イン・ザ・ナイト」等のディスコ・ヒットを飛ばしました

 

 

 

 

 

 

 

 

アイ・ハード・ア・ルーマー Bananarama

 

 

 

 

 

1981年イギリスで結成された女性3人グループ、バナナラマ

1984年、ショッキング・ブルーの「ヴィーナス」のカバーで全米1位を獲得し

1987年、ユーロビート感溢れるマイケル・フォーチュナティの「ギブ・ミー・アップ」に触発されて作られたという

 

アイ・ハード・ア・ルーマー

 

「ギブ・ミー・アップ」と激似な曲ですよね〜

80年代後半、日本においてはバブル期の真っ只中で

この曲「アイ・ハード・ア・ルーマー」は、マハラジャ等のディスコでのバブリーな「お立ち台」を象徴する曲となりました。

またこの頃、「ヴィーナス」を長山洋子

「ギブ・ミー・アップ」をBabe

「アイ・ハード・ア・ルーマー」を真弓倫子、等

 

洋楽のカバーをアイドルに歌わせるのが流行った時期でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村