恋をもう一度 クライマックス COOLS マイフェイバリット・チューン 5

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日はクールス・マイフェイバリット・チューン5

 

2曲いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

恋をもう一度

 

 

 

 

クールス・ロカビリークラブ 1978年『The COOL』より

作詞 村山一海 作曲 大久保喜市 編曲 クールス・ロカビリークラブ

ベースのキイチが作曲したこの曲

 

恋をもう一度

 

♪ I’m Fall in Love・・

あの時おそろいで 買ったブーツも履かず

降りしきる雨の中 からだふるわせた

何も言わずに 笑ってこたえる お前の顔が 心に残る ♪

 

クールスメンバー全員がソング・ライティングに関わっているのも興味深い。

誰が作曲してもクールスになってしまう。

クールスの曲ってトータル的にメロディがすんごくいいと思うのです。

胸をキューンとさせる。甘酸っぱくキュンキュンさせる。

この僕も青春時代にどれだけキュンをムネムネさせられたか。

ハードロックとかヘビーメタルにはそういうところがない。

不良っぽいイメージで売ってるクールスだけど

ハートはすこぶるピュアな人たちなんだろうなと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライマックス

 

 

 

 

 

クールス・ロカビリークラブ 1979年『NEW YORK CITY N.Y.』からのシングル曲

作詞 飯田和男 作曲 ジェームス藤木 編曲 クールス・ロカビリークラブ

サイドギターのフランク(飯田和男)が歌う

 

クライマックス

 

クールスにはめずらしくマイナーな曲調。

♪降りしきる雨の中 傘もささず歩く~♪

ドラマのような映像が浮かんでくると同時に

ハートブレイクな切ない自分の思い出も甦ってきます。

 

♪いますぐにでも 駆け戻り 強く強く抱きしめたい

クライマックス Only You ♪

 

ホーンセクションの焦燥感とクールスお得意の2拍3連のキメ

まさに場面のクライマックスを演じ

歌詞との相乗効果を生み

「クライマックス!」と思い切り歌いたくなるのはきっと僕だけではないはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村