最後の恋人 涙のテディボーイ CAROL マイランキング3

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

さ、今日もキャロルマイランキングいってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の恋人 【レア映像】

 

 

 

 

1972年12月

日本フォノグラム(フィリップス・レコード)から華々しくデビューした1stシングル

【ルイジアンナ】のB面曲

 

最後の恋人

 

作詞 ジョニー大倉 作曲 矢沢永吉

 

♪いつかボク 君のもの

Don’t let me down

願いは彼女の言葉さ

Can’t you see♪

 

ジョニー大倉が発案した英語と日本語をミックスさせた歌詞や

ビートルズのハンブルク時代にインスピレーションを得たリーゼントと革ジャンのスタイルは

注目を集め

そのファッションスタイルは

のちのクリームソーダのオーナー山崎眞行氏が最初に手がけた、当時最先端のライブハウス「怪人二十面相」でも話題となり

やがて原宿でロックンロールファッションとして一世風靡しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涙のテディボーイ 【レアTV映像】

 

 

 

 

1974年2月、8thシングル

作詞 作曲 矢沢永吉

 

涙のテディーボーイ

 

「Eセット」「ヤマト」のバンド活動を経た矢沢永吉が

次なるバンドを作るべく

「ビートルズとロックンロール好きなヤツ、求ム!」と楽器店に貼り紙をし、新バンド【キャロル】のメンバー募集をかけたのが1972年4月。

2ヶ月後の6月に、バンド結成され

同年の12月にはもうレコードデビューしたのだから

矢沢の行動力、ジョニー大倉の感性

そして

【キャロル】というロックンロールの結晶を

時代が待っていたとしか思えないでしょう。

 

キャロル結成時にはすでに

矢沢はオリジナル曲100曲位は持っていたといいます。

その行動力は、その後も【涙のテディーボーイ】のような名曲をどんどん生んでいくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村