ローリングストーンズ Tell me テルミー Time is on my side タイムイズオンマイサイド ROLLING STONES マイランキング 3

sponsored link

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日のローリング・ストーンズマイランキングは

ストーンズ初期時代の曲を2曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テルミー Tell me(You’re Coming Back)

 

 

 

 

 

 

1964年リリースされたファーストアルバム「ROLLING STONES」に

収録されているほとんどの曲がカバー曲で、その中の唯一のオリジナル曲

 

テル・ミー

 

もともとストーンズはR&Bのカバーバンド。

チャック・ベリーのカバー「Come on」でデビューしたものの売れ行きは思わしくなく

それを懸念し次作を提供したのはあのビートルズなのです。

のちのちにはビートルズのリンゴスターが歌う事になったそのストーンズの次作

【I wanna be your man】を提供してもらうにあたり

ジョンレノンとポールマッカートニーがスタジオに駆けつけ、この曲をものの見事に仕上げ

提供してくれた偉大さにミックとキースはかなり触発され、そこから、

オリジナルを作ろう!と開眼し、作曲された言われるオリジナル第1作。

ミックジャガー/キースリチャーズの初めての共作による親しみやすいポップなナンバーが生まれました。

 

ここから最長寿ロックバンド、ローリングストーンズの快進撃が始まるのですね。

 

当時は日本のGS(グループサウンズ)のバンドもこのポップな曲「テルミー」をこぞってカバーし

ザ・タイガースではサリー(岸部一徳)がボーカルをとっています。

 

 

 

p.s. 僕がたま〜にやってるインチキコピーバンドの「ローリング・ストーズ」では

ミック・ジャガいちくんがこの曲「テルミー」のボーカルをとっています。(←どーでもいい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイム・イズ・オン・マイ・サイド  Time is on my side

 

 

 

 

 

同じく1964年

原曲はジャズのインスト曲に歌をつけたものをカバーしアメリカでシングルリリース。

アルバムでは【ザ・ローリング・ストーンズ No.2】に収録

 

タイム・イズ・オン・マイ・サイド

 

全米6位。

この曲でストーンズ初のトップ10入りを果たしました。

 

この曲を聴いているとタンバリンの位置がドラムのスネア(小太鼓)と明らかにズレてる箇所がありますよね。

日本のレコーディングではそういう所、ビッチリ合わせがちですが

ストーンズにしてみれば

「そんなの関係ねーさ」みたいな(笑)

ラフでワイルドなストーンズらしさを物語っていると思います。

 

この曲「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」は

パティスミス、ウィルソンピケット、オージェイズらがカバー。

日本ではザ・タイガース、ソロになってからの沢田研二も歌い続けていますね。

 

そして、藤タカシ&トップラインも。(←ちょくちょく宣伝かよ?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローリングストーンズ マイランキング

初期時代の2曲でした。

 

 

 

 

 

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村