UKが選ぶヴィンテージ・マイランキング

スポンサーリンク

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

ヴィンテージ・フリークのワタクシUKが、自身の<音楽ルーツ>を掘り下げ、原点を見つめ直すシリーズと言っても過言ではない【ヴィンテージ・マイランキングシリーズ】

 

現在までに<DISCO> <GS> <ベンチャーズ> <シネマ>のマイランキングを発表してまいりました。

 

さあ、そろそろ次なるマイランキングシリーズを始めようかと考えるにあたり

どのカテゴリーで行こうか迷いました。

歌謡曲?Jロック?ファンク?

どれも好きだけど、今回、選出されたヴィンテージ・カテゴリー

 

 

#優しい  #能天気  #ブラック  #スウィート  #辛い日常をひととき忘れさせる癒し  #お酒に合う  #包まれたい  #優雅  #独特のタイム感    #黒人の声、リズム  #シンプルだけど奥深い  #大人  #シャレオツ、etc・・

 

 

などなど、

 

 

僕的には、そういうキーワードを連想させてくれるこのカテゴリー

 

それは、

 

It’s a soul music

 

 

 

そう、今回のUKが選ぶマイランキング

シリーズは

 

【ソウル・ミュージック】

 

 

 

 

【ソール・ミュージック】ではありません。(だってよ、山ちゃん)

 

【そーね・ミュージック】でもありません。(コバちゃん元気かな)

 

 

UKが選ぶマイランキング

今回は、

ソウル・ミュージックの名曲達を何回かにわたって紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さ、【UKが選ぶソウル・ミュージックマイランキング】

早速、第10位から発表してまいりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

第10位   Let’s Stay Together   アル・グリーン

 

 

「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において

第14位にランクされた黒人ソウルシンガー

アル・グリーン。

彼の代表作といってもいい

 

レッツ ステイ トゥゲザー

 

映画「パルプフィクション」でも使われたこの曲 Let’s stay togetherは
1971年にリリースされるや、翌年にはビルボードHOT100で1位を獲得。

また、ビルボードのソウルチャートで9週連続で1位を記録し、ゴールドディスクに輝いた。

この曲を作曲したアル・ジャクソンは、レコーディング時にドラマーへ常にこう言っていたという。

「Groove and be simple – not busy.」

(wikipedia参照)

 
ドラムは「シンプルに」というのがソウルミュージックの良いところのひとつでもあると思ってます。

シンプルなビート、シンプルなグルーブ。

でも奥深い、味わい深い。

黒人にしか出せないタイム感は次第に好物になり、気づけばソウル・ビートにハマっていってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソウルを聴くとお酒が飲みたくなってきますよね(^o^)

 

 

ですがっ、

 

 

 

続きはまた!

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村