ボニーM 名曲 人気曲 ヒット曲 おすすめ マイフェイバリット・チューン

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

西ドイツのミュージシャン、フランク・ファリアンが中南米やアフリカからメンバーを集め

フランク本人は表に出ず、

プロデュースと影のボーカルを担当したディスコ・バンド、ボニーM

そのサウンドはヨーロッパを拠点に「ミュンヘン・ディスコ」なるブームを巻き起こし、爆発的な人気を集め

その後、ジンギスカンやアラベスクが誕生するキッカケにもなったグループ

ボニーM マイフェイバリット・チューンでお贈りしたいと思います。

 

 

 

Daddy Cool

 

1976年西ドイツ発、ボニーMのデビュー曲

ダディ・クール(Daddy Cool)

ドイツで1位を獲得。

レコードジャケットで見るボニーMは

裸同然で鎖で縛られたショットや宇宙服を着たりで

ある種キワモノ的な(笑)

動画を見ても男性ボーカルボビー・ファレルの意味不明なキモい踊りや(笑)

全くもって爽やかさゼロのグループですが(笑)

ダークだけどワクワクしてくるこのビートと、ツボをくすぐる独特のサウンドで

やがてはヨーロッパ、日本、そして世界各国でも大ヒットを記録し

人気街道を走ることとなったのでした。

 

 

 

 

 

 

Sunny

 

原曲Bobby Hebbのカバーをディスコ調にアレンジしたボニーM 1976年の大ヒット曲

サニー(Sunny)

ボニーMの曲では僕が最初に聴いた曲で

ビジュアル的に男性ひとりと女性3人の異色なインパクト

そして女性ボーカルリズ・ミッチェルの独特な声に興味を持ち始めたグループでした。

そのボニーM、ラジオでは新譜を出す度、いつも上位を独占していましたね。

この曲サニーをニキータ4も演奏させてもらってますが

それに合わせて踊るお客様の鮮やかなダンスステップが印象的な一曲でもあります。

 

 

 

 

 

 

Ma Baker

 

1977年ボニーMの3rdシングル

マ・ベーカー(Ma Baker)

この曲はUKが選ぶディスコランキングでも取り上げましたが再登場です。

ボビー・ファレルリズ・ミッチェルのかけあいで歌うギャングもののストーリー。

歌っている男性ボーカルはボビー・ファレルになってますが

実際は口パクで、プロデューサーのフランク・ファリアンが影の男性ボーカルということなのです^^;

ボビーの踊りはやっぱり奇妙だけど(笑) 、フランクが作り出すボニーMの曲調はカッコいい。

「ママママー♪」のフレーズはあのレディー・ガガもリスペクト引用してますね。

 

 

 

 

 

Belfast

 

1977年、4thシングル

ベルファスト(Belfast)

北アイルランドの首都、ベルファストで起きた宗教対立の闘争を取り上げた一曲で

ドイツで1位、イギリスで最高位8位を記録。

ボーカルをとるのはジャマイカ出身、マーシャ・バレット。

毅然とした歌い方が印象的ですね。

YMCAやインザネイビー等のビレッジ・ピープルにも影響を与えてるのでは?

と思わせる一曲です。

 

 

 

 

 

Rasputin

 

1978年ボニーMが世界的に有名になった大ヒット曲

怪僧ラスプーチン(Rasputin)

独特の異質感とロシア風なメロディが世界中にインパクトを与え

ディスコ・ブームにのって完全に突き抜けた一曲でしょう。

ラジオでも連続1位を独占していたのを思い出します。

このボニーMの立役者、プロデューサーのフランク・ファリアンに影響を受け

80年代ディスコヒットを立て続けに飛ばしたアラベスクが生まれ

また、この曲をキッカケにドイツのバンド、ジンギスカンが誕生したと言われています。

 

 

 

 

 

Heart of Gold

 

1978年、ボニーMの3rdアルバム『Nightflight to Venus』より

孤独の旅路 (Heart of Gold)

あの異色なボニーMが、すごくいい曲歌うな〜と当時は思ってて

後で知ったのですが、オリジナルはニール・ヤングの名曲なんですね。

ハーモニカの音色と、リズ・ミッチェルの歌がグッと涙を誘い心に染み渡ります。

 

 

 

 

 

 

Take the Heat off Me

 

1976年、1stアルバム『Take the Heat off Me』より同名曲

Take the Heat off Me(邦題 ディスコ・エクスタシー)

マーシャ・バレット がリードボーカルをとる

イタリアのジャンカルロ・ビガッツィ作「Nessuno mai」のカバー・チューン。

哀愁系のメロディ、ストリングス、タイトなドラムが耳を奪いますね。

「サニー」や「ダディクール」を収録したボニーM衝撃の1stアルバムは本当に捨て曲がないと言えます。

 

 

 

 

 

 

Never Change Lovers In The Middle Of The Night

 

1978年、3rdアルバム『Nightflight to venus』より

よそ見をしないで (Never Change Lovers In The Middle Of The Night)

マーシャ・バレット がリードボーカルをとる哀愁系歌謡曲チックなDiscoチューン。

日本人の心をくすぐるメロディですね〜

バック演奏も洒落ててカッコいい。

それにファンキーなリズムがプラスされたその独特のツボが、日本や欧州でボニーM大人気となった鍵なのかもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

To be Continued

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村