CHIC (シック) おすすめ 名曲 マイフェイバリット・チューン

sponsored link

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

 

1977年、USAニューヨーク発

独特のカッティングギターとリズム隊のグルーヴに

ストリングスが色を添え、どこかおしゃれで洗練されたサウンドは

ずっと繰り返しているリズムの中でも聴いていて飽きない【CHIC SOUND】という魔法を生み出しました。

 

ナイル・ロジャースバーナード・エドワーズを中心に結成されデビュー。

ディスコブームと同時に70年代後半から80年代にかけて活躍したおしゃれなソウル&ファンク系ディスコバンド、

その名も

 

 

 

CHIC (シック)

 

 

 

 

「CHIC」の画像検索結果

 

 

CHICのメンバーはオリジナルである3人

ギター ナイル・ロジャース

ベース  バーナード・エドワーズ

ドラム  トニー・トンプソン

 

と、そしてヴォーカルは固定ではない女性メンバーで構成。

 

ディスコブームが衰退しバンド停滞後も

実質的に【CHIC SOUND】を操っているナイル・ロジャースバーナード・エドワーズプロデューサーチームを組み

ダイアナ・ロスやシスター・スレッジをプロデュースし、大ヒットへと導きます。

その後も二人はデュラン・デュラン、デボラ・ハリー、ミック・ジャガー、ジェフ・ベック、他からも引っ張りダコの人気プロデューサーとして大活躍することに。

バーナードは他にもロッド・スチュアート、イアン・ハンター等をプロデュース。

またナイル自身では

マドンナ、デヴィッドボウイ、ストレイキャッツ等プロデュースし、大ヒット曲を生み出しました。

二人が操る【CHIC SOUND】の魔法はやがて多くのミュージシャンからリスペクトされ、80年代のポップシーンにより多く取り入れられました。

 

◆ナイルロジャース関連記事

続・おすすめディスコ曲マイランキング 4

2017.08.23

 

良くも悪くもCHICの二人が手掛けた【CHIC SOUND】により、プロデューサーが主導する音楽時代の先駆けになったのは間違いないでしょう。

 

今回のUKが選ぶマイフェイバリットシリーズは

 

CHIC・マイフェイバリット・チューン

 

でお贈りしたいと思います。

 

それでは早速まいりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Le Freak

 

「おしゃれフリーク」の画像検索結果

 

 

♪ワン・ツー ・ア〜〜 Freak out!♪

 

中学生の時にラジオから流れて来たこのイントロでまず衝撃を受けたこの曲。

のちにバンド名はCHICと知る事になった

 

おしゃれフリーク

 

1978年リリース2ndアルバム『C’est CHIC(エレガンスシック)』収録

作詞作曲 エドワーズ=ロジャース

全米ビルボード1位、R&Bチャート1位を獲得

タイトでキレのいいドラムのトニー・トンプソン

バーナード・エドワーズのうねるベース、それにおしゃれなカッティングギターのナイル・ロジャース

 

どれを聴いても、ファンキー!

もう、シャレオツ~

 

また、ヴォーカルのルーシー・マーティンアルファ・アンダーソンの二人のエレガントで、歯切れの良い声がやっぱりいい。

まさにC’est CHIC (エレガンスシック)

僕の幼さなゴコロに染み込んでいる極上の一曲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「CHIC」の画像検索結果

 

 

 

 

 

Good Times

 

「chic good times」の画像検索結果

 

 

 

1979年リリースCHICの3rdアルバム『危険な関係(Risque)』より全米No.1ヒット

 

グッド・タイムス

 

ナイル・ロジャースがきらびやかにキレッキレのカッティングギターを刻む。

スピーカーから聴こえてくるド真ん中には、タイトでパンチのあるトニー・トンプソンの4分打ちドラムビートが陣取り【CHIC SOUND】のアンサンブルを支えている。

そしてバーナード・エドワーズのベースライン

 

♪デッデッデッ デーデデッデッ デッデッデーデデ♪

 

このフレーズ、クイーンの曲にも似てるのありますが Queen – Another One Bites The Dust

もちろんクイーンの方が後なので

こういうのはパクリと言うより、リスペクトコピーですね。

それほどCHICROCKの世界からも注目されてたのでしょう

 

【おしゃれフリーク】の時もそうですが、このバーナードのベースを一度聴いたら一発で耳に残る。

実際、バーナードのベースプレイは世界から注目され、CHICの活動停滞後はプロデューサーとしても一躍脚光を浴びる事となりました。

しかし1996年、日本武道館にてCHIC再結成公演最終日を終えた翌晩、バーナードはホテルの部屋で急死、帰らぬ人に。。

 

バーナードの名ベースフレーズ、名プレイを残し、ナイルのギターリフも心憎いくらいカッコいいこの曲

4つくらいのコード進行だけでリズムが繰り返されるだけなのに、ずっと聴いてても飽きないこの曲グッド・タイムスは、

ラップの世界からもリスペクトされ

シュガーヒルギャング「Rapper’s delight 」等の元ネタにもなり再び注目を集めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「chicバーナードエドワーズ」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連画像

 

 

 

 

 

 

 

I Want Your Love

 

「シック I want your love 愛してほしい」の画像検索結果

 

 

 

 

 

1978年リリース「おしゃれフリーク」が収録されたアルバム『C’est CHIC(エレガンスシック)』からの大ヒット曲

 

愛してほしい(I Want Your Love)

 

全米7位を記録したこの曲「I Want Your Love」はワタクシUKの【おすすめDISCOマイランキング】でもエントリーしてますが

マイフェイバリット過ぎるので改めてここでも再登場です。

 

おすすめディスコ曲70〜80年代マイランキング 総集編

2017.04.05

 

♪ I want your love  I want〜 your love ♪

セクシーで哀愁のある歌メロのあとをバーナードのベースラインが相変わらず印象的なフレーズでツボってきます。

トニー・トンプソンのタイム感も気持ちいい。

そして

後半で絡んでくるストリングスがもう鳥肌モノですね。

レコーディングしててナイルバーナードも歓喜の声をあげただろうなと想像します。

ナイル&バーナードのプロデュース力も然り、シンプルだけどおしゃれで完成度が高いアレンジ力に脱帽。。

もうひたすら羨望しかありません。

 

ゴージャスで哀愁があってセクシーなこの一曲は

レディ・ガガもカバーし、ムーディー・マン「I Can’t Kick This Feeling」の音ネタにもなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Chic Band」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

Dance Dance Dance (Yawsah,Yawsah,Yawsah)

 

「シック ダンスダンスダンス」の画像検索結果

 

 

 

1977年、CHICのデビューアルバム『CHIC』より

 

ダンス・ダンス・ダンス

 

全米チャート6位

洗練された16ビートの「ダンス・ダンス・ダンス」は全米のディスコでも人気曲となり、CHICの名を世に知らしめました。

尚、CHICと名づける以前のバンド名は「ビッグ・アップル・バンド」

「運命’76」をヒットさせた<ウォルター・マーフィ&ザ・ビッグ・アップル・バンド>とは別のバンドなので混同を避けるため改名に踏み切る事に。

 

ビッグアップルバンド・レア映像「ゲッタウェイ」

 

この頃からスーツを着ているのがナイル&バーナードらしいですね。

RABELLEのドラマーであったトニー・トンプソンが加わり

女性ヴォーカルに、ノーマ・ジーン・ライトを迎え、新バンド名を「CHIC」へ。

加入前からの約束であったソロ活動のためノーマはバンドを去ることになりますが、CHICは彼女のソロデビューを全面的にバックアップし、アルバムプロデュースを務めあげました。

 

そのノーマ・ジーン・ライトが在籍していたときのCHICの映像よりダンス・ダンス・ダンス!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「Chic Band」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

アップサイド・ダウン DIANA ROSS ピックアップ・ヴィンテージナンバー

2018.10.07

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What About Me

 

「シック 禁じられた恋」の画像検索結果

 

 

1979年、アルバムチャート5位を記録したCHICの3rdアルバム

Risque(危険な関係)』の収録曲

「禁じられた恋」のB面曲としてシングルもリリースされた

 

What About Me(私はどうなるの)

 

絶頂期で脂がのってるCHICのクールでソフィスティケイトなミドルテンポナンバー。

ナイル・ロジャースのリズムギターももちろん、バーナード・エドワーズのベースラインがやはりたまらない。

またタイトルもすごい。

What About Me。邦題が

私はどうなるの」。

A面曲が「禁じられた恋」。。

アルバムタイトルまでもが「リスク」??「危険な関係」?!

 

私はどうなるの」・・

これはA面曲「禁じられた恋」からのアンサーソングなのだろうか?と勝手に想像をかき立ててしまうのは僕だけ?

そんなクールで意味深な世界もファンを病みつきにさせてるのかもですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村