メモリー・モーテル Memory motel ローリングストーンズ マイランキング 10

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

今日のローリング・ストーンズ マイランキングは中期ストーンズ、バラードの名曲を一曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メモリー・モーテル Memory motel

 

 

 

 

1975年

ギターのミック・テイラーが脱退するため

ストーンズは、後任の新メンバーを決める段階にはいっていました。

 

 

 

ミック・テイラーが1974年12月12日に突如グループからの脱退を宣言したため、ロッテルダムでのセッションは新メンバーのオーディションとレコーディングを兼ねた作業となった。このセッションには、多くのギタリスト – ジェフ・ベック、ロリー・ギャラガー、ハーヴェイ・マンデル、ウェイン・パーキンス及びロン・ウッド – が参加することとなった。この様子をメディアは「グレイト・ギタリスト・ハント」と呼び、ストーンズの新メンバーが誰になるかを予想し大いに煽ることとなった。しかし本作に収録された曲で参加が認められるのは、ハーヴィ・マンデル、ウェイン・パーキンス、ロン・ウッドの3人のみである。

< wikipediaより>

 

 

 

1976年、ギターにロン・ウッドが初参加した『ブラック・アンド・ブルー』をアルバムリリース。

そして、ロンはストーンズの正式メンバーへ。

 

 

 

 

 

そのアルバム『ブラック・アンド・ブルー』から

レコーディングバージョンとしては「7分8秒」というストーンズで最も長い曲

 

メモリー・モーテル

 

クレジット上ではジャガー/リチャーズになってますが、ミックがほぼひとりで作詞作曲したと言われるストーンズの中でも指折りの名曲ではないでしょうか。

 

 

前座のデイブ・マシューズが飛び入り参加し、キースもボーカルをとっている「メモリー・モーテル」ライブバージョンの映像を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村