ダイスをころがせ Tumbling Dice ローリング・ストーンズ マイランキング 8

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

今日のローリング・ストーンズ マイランキングは

中期のストーンズのスタイルを象徴する一曲を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイスをころがせ  Tumbling Dice

 

 

 

 

 

1972年、前作のアルバム『スティッキー・フィンガーズ』に続き

全米、全英ともに1位を記録したローリングストーンズレコード第2弾のアルバム『メインストリートのならず者』より

先行シングルとしてリリースされた

 

ダイスをころがせ

 

「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」あたりから取り入れたオープンGのチューニングを使った5弦ギターと

チャーリー・ワッツがスネアの位置でハイハットを抜く独特の奏法で

バンドのリズムを主導したキース・リチャーズ。

ミック・テイラーにギターソロはまかせ

その間をうねるようにビル・ワイマンのベースが埋め

ミック・ジャガーがブルージーかつソウルフルに黒っぽく歌う

ミディアム・テンポのルーズなグルーヴ(ノリ)がローリング・ストーンズの特徴であり

その真骨頂といえる中期のストーンズ・スタイルが確立したのもこの時期からではないでしょうか。

 

この曲「ダイスをころがせ」はストーンズのツアーではマスト曲、鉄板曲として披露され続けています。

 

 

 

この曲「ダイスをころがせ」ではレコーディングにおいて、ミック・テイラーはギターではなくベースで参加しており、リードギターはリチャーズが担当している(ビル・ワイマンは不参加)。また、チャーリー・ワッツと共にプロデューサーのジミー・ミラーもドラムを叩いている。後述の通りコンサートでは頻繁に採り上げられ、また多数のコンピレーション・アルバムにも収録されているが、ジャガー本人の自己評価は低く、「みんなあの曲のどこが気に入ってるのかわからない。歌詞が今一つなんだよな」とコメントしている。アルバムからの先行シングルとしてリリースされ、全英5位、全米7位につけるヒットとなった。

< Wikipediaより>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村