ローリング・ストーンズ Beast of burden ビーストオブバーデン Fool to cry 愚か者の涙 ROLLING STONES マイランキング 2

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日のローリング・ストーンズ マイランキングは

ストーンズ中期の頃のナンバーを2曲。

 

 

 

 
前回のローリングストーンズ マイランキング ①はこちら
 

 

 

 

 

 

 

 

ビースト・オブ・バーデン Beast of burden

 

 

 

 

 

1978年6月リリースしたローリング・ストーンズのアルバム【女たち(Some girls)】は

アメリカで1位、イギリスで2位を記録。

1972年の「メインストリートのならず者以来のベストアルバム」と評価されました。

この【女たち】からの第1弾シングル「ミス・ユー」に続くシングルカット

 

ビースト・オブ・バーデン

 

曲の良さもさることながらドラムス、チャーリー・ワッツのタイム感が好きです。

3拍目のハイハットを抜く独特の叩き方でスネアを強調するという

バックビートのスタイル。

味のある<黒人っぽいタイム感>もローリング・ストーンズの特徴のひとつではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愚か者の涙  Fool to cry

 

 

 

 

1976年4月リリースのアルバム【ブラック・アンド・ブルー】収録曲

 

愚か者の涙

 

♪Ooh Daddy you’re a fool to cry♪

娘が父親に

「ダディ 泣くなんてバカよ

泣くなんてバカ    どうして泣くの?」

 

情景が浮かんでくるような沁み入るスローバラードですね。

 

ストーンズの曲にはミックジャガーのファルセット(裏声)が所々に散りばめられている曲が多く

そういうソウルっぽいところも魅力のひとつ。

ロックンロールバンドとしての位置づけのローリング・ストーンズですが

ブルース、R&B、ソウル等、<黒人音楽への多大なるリスペクト>を感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローリングストーンズ中期のR&B色濃い2曲でした。

 

 

 

ではではまた!

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

◆前回のローリングストーンズ マイランキング ①はこちら

ローリングストーンズ wating on a friend 友を待つ ROLLING STONES マイランキング 1

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村