サムライ 沢田研二 ヒット曲 マイランキング 6

sponsored link

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

今日の沢田研二 ヒット曲マイランキングは

1978年1月にポリドールレコードからリリースされた22枚目のシングル曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

サムライ

 

 

 

♪片手にピストル   心に花束

唇に火の酒    背中に人生を

アーアーアーアーーアアアーー♪

 

革ジャンにナチスの腕章、そして刺青、ナイフ。

ジュリーがこのヴィジュアルで「ザ・ベストテン」や「夜のヒットスタジオ」の番組に登場した時は

僕の子供心にインパクト十分でした。

 

作詞 阿久悠  作曲 大野克夫

 

ヴィジュアルや曲の良さもさることながら

阿久悠の歌詞の世界へも次第に惹かれていくこの曲

 

サムライ

 

♪ありがとう ジェニー お前はいい女だった

半端なワインより酔わせてくれたよ♪

 

サムライが収録されているアルバム「思い切り気障な人生」には

コンセプトと思われる、気障(キザ)で勝手な男の美学の世界が繰り広げられています。

 

♪寝顔にキスでもしてあげたいけど

そしたら一日 旅立ちが延びるだろう

男は誰でも不幸なサムライ

花園で眠れぬことも あるんだよ♪

 

 

闘いに出る男はみんなサムライ

男は女を振り切ってでも闘いの旅に行かねばならない事もある

それは抗争かもしれない。戦争かもしれない。ビジネスかもしれない。

子供の時にはわかりませんでしたが

男の宿命的な不幸な生き方の中に

男のロマンやダンディズムを見つけるのです。

 

それがサムライスピリッツ。

サムライ=男の美学とも言えるのかもしれません。

 

 

♪部屋から出たなら 冷たい木枯らし

お前のからだのぬくもりが消えてゆく

男はいつも 悲しいサムライ

しあわせに照れてる事もあるんだよ♪

 

 

 

キザかもしれませんがこれもサムライ。=男の美学

女性から見たらくだらないと思われるのでしょうか・・(^^;;

 

 

 

 

 

 

 

 

◆沢田研二 マイランキング ヒット14曲 総集編はこちら

沢田研二 70〜80年代 名曲 マイランキング 総集編
 

男の美学

 

 

故郷の柴又へ帰るたび、出会うマドンナに心ときめいている寅さんの花園の日々。。

しかしマドンナに振られたとわかりゃ

さっさと引き際よく

旅に出る。

 

自分を戒め

孤独なテキ屋稼業の旅へと舞い戻るべく

去っていく。

 

これも寅さんの美学

 

ひとつの「サムライ」なのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

寅:「あばよ、さくら」

 

さくら:「もう少しでお正月なのに居れないの?」

 

寅:「そこが渡世人のつれぇところよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男はつらいよ・・

 

 

 

今日は「つらい男の美学」の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆沢田研二 マイランキングヒット14 総集編はこちら

沢田研二 ジュリー 70~80年代 ヒット曲 名曲 おすすめマイランキング 総集編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村