クール&ザ・ギャング 名曲 ヒット曲 おすすめ マイフェイバリット・チューン

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

1964年、アメリカニュージャージー州にてベースのロバート・ベルを中心に結成され ’69年レコードデビュー。

映画「サタデーナイトフィーバー」や「パルプフィクション」のサントラにも挿入された初期のインスト・ジャズファンクスタイルから

フロントボーカルを加えメロディアス・ファンク・スタイルへとチェンジし、数々の大ヒットを連発した

 

 

KOOL & THE GANG

 

 

「クール&ザ・ギャング」の画像検索結果

 

 

80~90年代にかけてこのグループの曲がかからない日はなかったといわれるほど

ディスコフロアにおいても旋風を巻き起こした極上のファンキーグループ

 

クール&ザ・ギャング マイフェイバリット・チューン

 

をお贈りしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

Jungle Boogie

 

「クール&ザ・ギャング jungle boogie」の画像検索結果

 

 

 

銅鑼(どら→ 青銅、真鍮、鉄などでできた金属性円盤型の打楽器)の音から

♪ゲッダーン、ゲッダーン〜♪

そしてホーンセクションとリズム隊のアツく黒いグルーブが走り出す

 

ジャングル・ブギ

 

クール&ザ・ギャング」1974年リリースの曲ですが

後年1994年にクエンティン・タランティーノ監督映画「パルプフィクション」が公開され

そのサントラ盤に挿入されていた「Jungle Boogie」に僕はインパクトを与えられ

改めてこのグルーブ「クール&ザ・ギャング」に興味を持つ事となりました。

 

その1994年あたりはバブル崩壊時代の真っ只中

僕は人生のひとつのピークから急降下し、転落し、迷走をしていたあの当時を思い出すのです~。。(汗)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ladies Night

「レディースナイト クール」の画像検索結果

 

 

ジャズファンク色強いインストグループ【クール&ザ・ギャング】に

1979年、新しくフロントボーカルにジェームスJTテイラーが加入し、グループは音楽性をディスコ路線へと変更しました。

そのJTテイラーが加入してからの初シングル

 

レディース・ナイト

 

全米チャート8位を記録。続いての「Too Hot」でも連続ヒット。

1980年末にはグループの黄金期へ突入する「セレブレーション」の大ヒットへと繋がるべく

ここから【クール&ザ・ギャング】ヒット快進撃の幕開けとなるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Celebration

 

関連画像

 

 

1980年リリースのクール&ザ・ギャング アルバム『Celebrate!』より最大のヒットシングル

 

セレブレーション

 

ビルボード2週連続1位、81年年間総合6位、

81年のソウルチャートでは6週連続1位。

クール&ザ・ギャング初のNo.1ヒットとなりました。

 

♪セーレブレイ〜グッタイムス カモーン!♪

サビを和訳すると

Celebrate good times come on!(let’s celebrate !)

☟                   ☟                  ☟

素晴らしい時を祝おう さあ!(祝おう)

セレブレーション訳詞より>

 

「素晴らしい時を祝おう!さあ (祝おう!)」

直訳ロッカー「王様」に日本語で歌わせてみたいと思わせるお祝いソングチューン🥂

ディスコはもちろんアメリカではイベントやパーティでもよく使用されました。

 

みんながパーリーピーポーと化す、もうドンチャン騒ぎの歌ですね。

よっぽど楽し過ぎるのか、下の映像の3:35〜36くらいの部分で

「イイネ〜♪」と聞こえてきます。(←空耳やろ?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Get down on it

 

関連画像

 

 

クール&ザ・ギャング1981年リリースアルバム『Something Special』からの3rdシングル

 

ゲット・ダウン・オン・イット

 

「セレブレーション」の大ヒット後リリースされ、絶頂期を迎えたクール&ザ・ギャングの影の立役者に

プロデューサーのエウミール・デオダート(Eumir Deodado)の存在も忘れてはなりません。

アースウィンド&ファイヤも手がけたデオダートのプロデュースにより

硬派なジャズファンクだったクール&ザ・ギャングは都会的に洗練されたサウンドへ。

『Ladies Night』から『Celebrate!』『Something Special』『As One』と計4枚のアルバムにデオダート・マジックが加わり

1979〜1982年におけるクール&ザ・ギャングのキャリアに大貢献しました。

 

♪ゲッターノー二、ゲッターノー二♪

この曲ちょうど僕の人生の暗黒時代によく聴いてまして

今でもその苦労していた時期を思い出します。

 

おすすめ70〜80年代ディスコ曲ランキング【番外編】

2017.03.28

 

 

 

ビルボード10位を記録し洗練されたこの曲「ゲット・ダウン・オン・イット」はスバルのCMソングにも使われ

いろんなアーティストからサンプリングもされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Joanna

 

「ジョアンナ クール&ザ・ギャング」の画像検索結果

 

 

「Ladies Night」「Celebration」「Get down on it」等

ブラックソウルを揺さぶるヒット曲が続く中で

飛び出したメロディアスなミディアムスローナンバー。

1984年リリースしたアルバム『IN THE HEART』からのシングル

 

ジョアンナ

 

1964年にジャズバンドとしてスタート。67年にR&Bに転向し、69年レコードデビュー。

79年にボーカルのジェームス”JT"テイラーが加入。

その後、脱加入を繰り返し新メンバーを加えたりしながら

2014年には結成50周年を迎えた驚異の活動歴を誇るクール&ザ・ギャングですが

この「ジョアンナ」がヒットしてる頃なんてデビューから14年も経ってるんですね~

 

長く活動を続け、音楽性を追求しながらも

ジョアンナ」で、ひとつの桃源郷に辿り着いた感じがまた味わい深いと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fresh

 

 

 

1985年、ダブルプラチナムを獲得した16thアルバム

『クール・エマージェンシー』からのヒット・チューン

 

フレッシュ

 

もともとはインスト・ジャズファンク的な要素が強かったクール&ザ・ギャング。

1979年、ボーカルにジェームスJTテイラーが加入してからのクール&ザ・ギャングは

ディスコ路線に変更し、AORディスコとかメロディアス・ファンク等と呼ばれたこの黄金期、

たて続けに曲がヒットし、全米のポップチャートを賑わせ、世界的成功を収めたのでした。

 

もちろん初期のインスト時代もいいけど

この頃のメロディアスな時代のクール&ザ・ギャングも好き。

“変わる事が出来る”というのはつくづく大事だと思います。

いつも心に「フレッシュ」を持ち続けていたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cherish

 

 

 

円熟味も増したクール&ザ・ギャングの1985年リリースアルバム

『クール・エマージェンシー』からの第3弾シングル

 

チェリッシュ

 

このメロウなバラードはビルボード2位、ブラックチャート1位、

アダルトコンテンポラリー1位を記録。

 

「チェリッシュ」とは、訳すると「大切にする」ということ。

 

♪愛を、命を、愛を大切に

ボクらの持っている愛を大切に

みんなが持っている命と同じくらいに♪

<チェリッシュ訳詞より>

 

 

ダンスフロアに於いては【チークタイムの定番曲】としてセレクトされるほど

この曲はとても大切にされた曲でもあります。

 

さて、あなたが大切にしているものは何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

To Be Continued・・

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村