愛しているなら サマーレディ ティーンエイジ・ガール COOLS マイフェイバリット・チューン3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日はクールス マイフェイバリット・チューン 3

3曲いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

革ジャン、リーゼントを決めこみ、黒いオートバイを並べ

原宿などで注目を集めた21人のバイクチーム クールス 。

その後、バンドクールスとしてレコード・デビューをするにあたり

 

 ボーカル 舘ひろし ボーカル 水口晴幸 ボーカル 村山一海 リードギター ジェームス藤木 ドラムス佐藤秀光  ベース 大久保喜市 サイドギター 飯田和男  (バンド結成直後にギターの梅村光男は脱退、岩城滉一は俳優としてデビューした)

 

の、実質7人のメンバーを選抜。

1975年9月キングレコードより

ファーストアルバム『黒のロックンロール/クールスの世界』

を引っさげ、クールスはバンドデビューしたのでした。

 

 

愛しているなら

 

 

 

キャロルラストライブでクールスが親衛隊を務めたという経緯から

キャロルのジョニー大倉が、クールスのレコードデビューに向けアルバム・プロデュースを担当。

そのデビューアルバム『黒のロックンロール/クールスの世界』より、ジョニー大倉が楽曲提供をした

 

愛しているなら

 

ボーカルと作詞は、リーダーの舘ひろし  作曲 ジョニー大倉 編曲 近田春夫。

ジョニー大倉が作曲した曲を聴けるのも嬉しいですね。

 

クールスのロックンロールは

シャナナ的な3人のボーカルスタイルとコーラスワーク、

そしてポップなメロディと軽快なエイトビートが特徴的でしょう。

 

また、デビューシングルの「紫のハイウェイ」では、矢沢永吉

「五大洋光」というペンネームで楽曲提供に関わっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマー・レディ

 

 

 

 

1976年7月、キングレコードからの

2ndアルバム『ロックンロール・エンジェルス

 

「のっぽのサリー」「アイ・ニード・ユア・ラブ・トゥナイト」「リトル・ダーリン」等

アメリカン・ロックンロールスタイルを前面に出したこのアルバムのプロデュースは大木トオル。

作詞 作曲 大木トオルのこの曲

ムラ(村山一海)がメインボーカルをとる

 

サマー・レディ

 

歌詞にメリールーやボーイハント、ラブポーション№9など

アメリカン・オールディーズのタイトルが散りばめられ

夏の海辺の恋を想像させます。

 

♪真夏のパームビーチ 白いビキニにポニーテール

誰もあの娘に Never Never my love ♪

 

ムラさんのソロユニットライブに行っても、このクールス初期の頃の曲を歌ってくれるのが嬉しいし

この曲サマーレディは、ニキータ4がバックを務めたコラボイベントでも歌ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ティーンエイジ・ガール

 

 

 

 

1977年4月、リーダーの舘ひろしが脱退し

残りのメンバー6人でバンド名をクールス・ロカビリークラブと改名。

同年6月、トリオレコードに移籍し『クールス・ロカビリークラブ』をリリースしました。

舘ひろしが脱け、ピッピ(水口晴幸)とムラ(村山一海)のツインボーカルになりますが

ジェームスもフランクもヒデミツも歌えるところもクールスの魅力のひとつでしょう。

 

このクールス2期となるクールス・ロカビリークラブから

ドラムのヒデミツが二代目リーダーになり、トリオレコードから5枚発表したこの時期が

僕的にはクールス黄金期ではないかと思っております。

 

作詞 作曲、伊藤銀次 そしてこの曲を歌うジェームス藤木の

 

ティーンエイジ・ガール

 

夏の夜に染み入るスイートな一曲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村