ギミー・シェルター Rolling stones マイランキング 6

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

今日のローリング・ストーンズマイランキングは

1969年のストーンズ・ナンバーを一曲。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギミー・シェルター  Gimmi Shelter

 

 

 

 

1960年代後半頃になると、ストーンズの音楽性は、サイケデリック・サウンドの方向へと向かいつつありましたが

1969年のこのアルバム『レット・イット・ブリード 』から

再び本来のロック色へ立ち返りました。

ベトナム戦争の影響を受けたこのアルバムのオープニングナンバー

 

 

ギミー・シェルター  

 

 

前作のアルバム『ベカース・バンケット』リリース後の1968年頃には

ギターを持つことさえできなくなっているブライアン・ジョーンズの心身の不安定さは

かなり深刻なものとなっており

薬物使用などでトラブルばかり起こしてしまうブライアンはストーンズを脱退する事にしました。

このアルバムではほとんどのギターをキースが担当。この曲にはまだ参加してませんが新しいギターにミック・テイラーが加入。

ブライアン・ジョーンズは脱退したそのひと月も経たない間に、自宅のプールで溺死しているのが発見されたのでした。

その2日後、ロンドンのハイドパークで急遽開かれたブライアンの追悼コンサートで

27歳の若すぎる死を悼みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村