ダーリング 酒場でDABADA ストリッパー 沢田研二 ヒット曲 マイランキング 7

スポンサーリンク

 

 

みなさんどーも!UKです。

今日の沢田研二 ヒット曲マイランキングは

ジュリーがノリにノってる頃の曲をまとめて3曲っ!

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーリング

 

1978年5月、ポリドールレコードよりリリースの23枚目のシングル

 

ダーリング

 

水兵さんのセーラー衣装着て

最初から最後まで求愛の歌ですね

 

指を舐めて指差すアクションは

彼女を他の男に取られないように最初にツバをつけておくという意味だそうです。

最後の「ダーリーン♪」のところで帽子を頭に落とすアクションでもミスして落とさないか釘づけでした。

この頃のジュリーは

アクションや衣装とかのヴィジュアルを全面にアプローチし

華麗に話題性を提供していきます。

阿久悠作詞、大野克夫作曲のこの曲は

第11回日本有線大賞 大賞受賞

オリコン1位、ベストテン1位獲得

アルバム「今度は華麗な宴にどうぞ」に収録。

 

 

 

 

 

 

 

酒場でDABADA

 

 

1980年9月、31枚目のシングル

 

酒場でDABADA

 

80年代に入り1月にリリースした「TOKIO」におけるパラシュート等の派手なパフォーマンスについていけなくなった井上堯之がバックバンドを解散したのがこの頃でしょうか

バックバンドが変わっています。

【オールウェイズ】

【EXOTICS】の前身バンドですね。

 

第22回日本レコード大賞 金賞、

第11回日本歌謡大賞 放送音楽賞 受賞。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストリッパー

 

ジュリー自作曲のこの曲は1981年9月にポリドールレコードよりリリースされた34枚目のシングル。

ロカビリーかグラムロックか?

派手なメイクで中性的な漂わすジュリー。

バックバンドは前身のオールウェイズを経て新しく編成された吉田建がリーダーを務めるEXOTICS

 

今までの井上堯之バンドの70年代サウンドから

JULIE&EXOTICSとして

80年代ロックバンドスタイルへと変わっていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感想

 

やっばりジュリーは

何度見てもカッコいい!

歌だけでなくこんなにアクションやステージ衣装でもワクワクさせたスターもなかなかいないと思いません?

 

 

どれだけ僕が

 

ジュリーを

 

 

 

好きだったか

 

 

 

 

↓の画像を見て頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え?

似てない?

 

こりゃまた失礼しました〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村