マーサ&ザ・ヴァンデラス Dancing in the street ソウルミュージック マイランキング 11

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日のソウルミュージックマイランキング11は

1960年代、全米のチャートを賑わせていたモータウン・サウンドの中から。

その【モータウン・レーベル】の女性コーラスグループにはシュープリームス、マーベレッツ、マーサ&ザ・ヴァンデラス等が在籍しました。

 

今日は

そのマーサ&ザ・ヴァンデラスからの一曲を。

 

 

 

 

 

Dancing in the street  マーサ&ザ・ヴァンデラス

 

 

かつてレコードはリリースした事はあったマーサ・リーブス。

モータウンの会社秘書として入社し

【モータウン・レーベル】からのデビューのチャンスを伺っていた彼女が

メリー・ウェルズの代役を務めた事がチャンスになり

【マーサ&ザ・ヴァンデラス】としての再スタートで、次々とヒットを飛ばす事に繋がります。

1963年に「ヒートウェイブ」が全米4位の大ヒット。

その後、1964年に発表した

 

ダンシング・イン・ザ・ストリート

 

 

が、全米2位を獲得。

 

マーサ&ザ・ヴァンデラスは目まぐるしくトップスターに登りつめました。

 

ダイアナ・ロスが在籍する女性グループ【シュープリームス】が現れてからは

 

モータウンNo.1の座を追われる事になりますが

 

この曲は後年、

キンクスやママス&パパス、ヴァン・ヘイレン、ミックジャガーとデビッドボウイのデュエット等、

モータウンの曲の中でも最も多くのアーティストにカバーされたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「ドリームガールズ」を再び観たくなりますね。

ビヨンセ演じるダイアナ・ロス率いる「ドリームガールズ」に

後から加入したメンバーの

秘書上がりの人物がまさに「マーサ・リーブス」の事を演じていると言われてます。

 

 

そう、チャンスはどこにあるかわかりません。

 

 

【ソフトバンクCM】のキャラクターへの抜擢チャンスを伺っているオカン星人・・

 

 

 

まさに、

 

 

 

 

「ドリームガールズ」ならぬ

 

 

 

 

 

 

 

ドリームおかん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか「ドリームおかん」が実現できればと願っているドリーム星人の若い時の写真です。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村