続・おすすめディスコ曲 マイランキング 2

スポンサーリンク

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

続・おすすめディスコ曲マイランキング

 

昨日の続き、第8位からいってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆前回のランキング

続・おすすめディスコ曲 マイランキング 1

 

 

 

  ブラックミュージック

 

映画「サタデーナイトフィーバー」により全世界にブレイクしたディスコミュージックですが

もともとは、白人が黒人のソウルミュージックを意識して作られたもの。

 

黒人ミュージシャンの一部のアーティストは

黒人らしさを強調した

「ファンキー・ディスコ」

を発表していくのです。

 

ディスコミュージックは踊らせるための音楽であるため、

どうしてもソウルやR&B、ファンクなどに比べると、

軽く見られる傾向が強かった。

 

しかし、一部のアーティストは

黒人らしさを強調したファンキー・ディスコ(ブラック・ディスコ)の曲を発表した。

 

<Wikipediaより引用>

 

 

 

 

 

 

そんな黒人色の強い第8位は!

 

 

 

 

 

 

第8位  I’ts Time To Party Now  レイ・パーカーJr & RAYDIO

 

 

黒人にしか出せない独特のタイム感。

 

ねっとりしたスネアドラムの音とベースのリズム隊

 

それに重なるギターカッティング

 

そして、黒人のボイスが

 

しだいに病みつきにさせていく

 

 

パーティ・ナウ 

 

 

カッティングギターはあのレイ・パーカー・Jr

バリーホワイトやチャカカーン、スティービーワンダーらのセッションで修業を積んだレイ・パーカー・Jrは

1980年、「パーティ・ナウ」でヒットを放つ。

翌年1981年に同氏が放った大ヒット曲

「ウーマン・ニーズ・ラブ」は

あのブラック大好き中村義人が

いつかニキータ4とコラボでやりたいとの

たってのリクエストが来ています(^o^)

 

いつかぜひとも実現したいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

第7位  Reach Out  ジョージ・デューク

 

 

80年代に「シャイン・オン」を大ヒットさせたジョージデュークが

 

地声とファルセットを歌い分け

キャッチーなメロディが印象に残り

夢の世界へと突き抜けさせる

これまた洗練された曲を1983年に発表。

スポンサーリンク

 

 

 

リーチ・アウト

 

 

 

前面にチョッパーベースをフィーチャー。

そのベーシストはやっぱり「ブラジョン」のルイス・ジョンソン。

カッティングギターはマイクセンベロ。ちなみに、別のせんベロ(千円でベロベロに酔える店)は、赤羽で人気らしい。(余談)

 

もともとジャズピアニストだったジョージデュークは

クインシージョーンズ、フランクザッパ、ピリーコブハムのグループに参加し、知名度を上げていき、「シャインオン」がディスコヒット。

その後「リーチアウト」リリースし

作曲家、シンガー、プロデューサーとマルチに才能を開花させていった。

 

 

あの星野源もツアー中、ジョージ・デュークを会場で流すくらいお好きだそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

黒人ミュージシャンの

独特のリズム感。

ボイス。

洗練されたメロディ。曲作り。

 

いつ聴いても黒人ミュージシャンの

潜在的な特別な能力に感動を覚えずにはいられません。

 

それは、遠い時代からの差別とか迫害から生まれてくるものなのか

音楽が想像を越える位の心の拠り所だったのかもしれません。

生活にいつも音楽があり

研ぎ澄まされていく黒人の血を感じるのです。

 

ディスコミュージックを知り

ソウルミュージックを知り

しだいにブラックミュージックに傾倒していく自分に気がつくのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではでは続きはまた!

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

◆続きのランキング

続・おすすめディスコ曲マイランキング 番外編

 

 

sponsored link