I can make it better ウィスパーズ/California 1 コンファンクシャン ディスコミュージック・マイフェイバリット・チューン2

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

今日はディスコミュージック・マイフェイバリット・チューン2

 

2曲いってみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I can make it better  The Whispers

 

 

 

 

ロスアンジェルス出身、スコット兄弟によるツインボーカルのコーラスグルーブ、ウィスパーズ

1964年のデビューからはソウルコーラスグルーブとして地味に活動していましたが

1979年、SOLARレーベルからのリリース「And the beat goes on」で全米R&Bチャート1位を獲得。

そのブレイク後の1980年のアルバム『Imagination』から

 

アイ・キャン・メイク・イット・ベター

 

ブリブリのベースで始まるゴキゲンなイントロからの、突き抜けるキャッチーなメロは

ノリのノっているウィスパーズの勢いを感じさせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

California 1  Con Funk Shun

 

 

 

カリフォルニア州ヴァレーホで結成され、スタックスの看板「ソウルチルドレン」の

バックバンドを務めたこともあったコンファンクシャンは1976年メジャーデビュー。

その後1977年リリースの「Ffun」がビルボードR&Bチャートで1位を獲得。

81年には「TOO TIGHT」の大ヒットナンバーを放ち、ディスコ・フロアに旋風を巻き起こしました。

7thアルバム『コンファンクシャン7』より

AORテイストな哀愁漂うミディアムメロウ・チューン

 

カリフォルニア・イブニング

 

夕暮れのカリフォルニア1(カリフォルニア州道1号線)をドライブしている時って

こんな気分なのかなと思わせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村