勝手にしやがれ 俺とお前 沢田研二 ヒット曲 マイランキング 8

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

みなさんどーも!UKです。

今日の沢田研二マイランキングは

ジュリーが演じる歌の世界でも対照的な2曲を。

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手にしやがれ

 

1977年5月、19枚目シングル

別れの歌だけどキザに振る舞う男を演じ、クリーム色のスリーピースを纏い

ハットを粋に投げるアクションと

アーアーアーアアーアアア〜♪の振り付けで

この年、この曲一色にお茶の間を賑わせたのではないでしょうか。

 

 

勝手にしやがれ

 

今やジュリーの代表曲中の代表曲ですね。

第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞、第10回日本有線大賞、他

いろんな賞レースも総ナメ。

「時の過ぎゆくままに」に次ぐセールスを叩き出しました。

同年、山口百恵が出した「プレイバックPart2」は

「勝手にしやがれ」のアンサーソングとも言われています。

B’z 、福山雅治、氷川きよし等、たくさんのアーティストからカバーされ

最早、歌謡界のレジェンドの曲のひとつでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺とお前

 

1977年 21枚目のシングル

「憎みきれないろくでなし」のB面曲

 

俺とお前

 

作詞 阿久悠 作曲大野克夫

B面曲だしヒットはしなかったけれど

メロディと世界感が残るし

なによりこの声が好き。

ジュリーの声的にも一番油がのってる時期ではないかと思います。

 

ただ演歌っぽいタイトルと

歌詞と曲調が和風な感じ?

 

♪軽い酒だから お前も呑め

二人だけの宴(うたげ)だよ♪

 

ジュリーの今までのフランスっぽいイメージからかけ離れるけど

これもこれでまた哀愁が漂っていい。

和風なキザさ?

もうひとつのキザな一面のジュリーを見るようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フランス映画やアメリカ映画、そして邦画までも

いろんなキザな主人公を演じる歌役者ジュリー。

70〜80年代初頭の快進撃は、まだまだ留まることなく続いて行くのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村