マイランキング ソウルミュージック編⑥ おすすめ60〜70年代 スタックス

スポンサーリンク

 

 

みなさんどーも!UKです。

 

50年後半〜70年代のソウル・シーンには、

【モータウン・レコード】のライバル・レーベルとして

【スタックス・レコード】が存在しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタックス

 

アメリカテネシー州メンフィスに拠点を置くスタックス・レコードは、

「ドック・オブ・ザ・ベイ」のオーティス・レディング、「ホールド・オン」のサム&デイブ、「ダンス天国」のウィルソン・ピケット等の数々のヒットアーティストを輩出しました。

ほか、ブッカー・T&ザ・MG’s、ルーファス・トーマス、アルバート・キング、アイザック・ヘイズ、etc

 

明るくダンサブルなモータウンが「ノーザンソウル」とすれば、

それに対し

南部のリズム&ブルース色濃いスタックスは「サザンソウル」とも呼ばれました。

 

どっちかというと、ディープで通が好みそうなスタックス。

 

マイランキング ソウルミュージック編

今日はそのスタックスからの一曲を。

 

 

 

 

 

 

 

第5位 Try A Little Tenderness オーティス・レディング

 

 

 

「ローリングストーン誌が選ぶ歴史上最も偉大なシンガー」において

第8位のOtis Redding。

代表曲の「ドック・オブ・ザ・ベイ」はあまりにも全世界で愛される名曲。

 

今回は1966年の代表作

 

トライ・ア・リトル・テンダネス

 

「ほんの少し 優しくしてあげて」と歌うこの美しいラブソングは

元々はビングクロスビーやフランクシナトラもカバーしたスタンダードナンバー。

 

この翌年の1967年、オーティスは

白人ロックミュージシャンばかりのモントレーポップフェスティバルに黒人ソウルシンガーとして出場しますが

人種の垣根を取り払う名演で大絶賛評価を浴びる事となりました。

 

 

しかし同年12月、ショッキングな事に自家用飛行機の事故により26歳という若さで帰らぬ人となるのでした。

 

 

事故の3日前に録音された「ドック・オブ・ザ・ベイ」は、翌年のビルボードで、週間ランキング第1位を獲得し、オーティスにとって唯一のビルボード誌週間ランキング第1位の曲となった。(wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタックスと言えば

ギター、ベースはスタックスレコードのスタジオミュージシャンで、サザンソウルの思い入れ強いあの映画「ブルース・ブラザース」を観たくなって来ますね〜

 

となりゃ、「ブルースブラザース」ビデオ屋へ借りに行って

食料と飲み物調達して

今夜は【家呑み】で根っこ生やしたくありません?🍺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違って、「もんた&ブラザース」借りてきちゃった 。。(汗)

 

 

(↑間違える方が難しいよ! てゆーか、今時ないやろ?!)

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もご訪問ありがとうございました☆

 

 

 

前回のソウルランキング

マイランキング ソウルミュージック編 ⑤ おすすめ60年代 モータウン

 

 





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村