おすすめディスコ曲70〜80年代マイランキング 総集編

 

 

虹色の光を反射させ回るミラーボールに色とりどりに変化するダンスフロアのきらびやかな世界。

 

シンプルな四分音符打ちのバスドラにテンポ130前後のリズムとベースの低音が地を這う。

大音量の音と光のシャワーの中に身を委ね、踊る者、聴く者を熱狂(フィーバー)!享楽!そして忘我の夢の世界へと連れていってくれるディスコミュージック。

 

ワタクシUKが選ぶヴィンテージ曲ランキングシリーズ。

 

今回は

ディスコ・ミュージック編!

 

さ、ワタクシUKが独断と偏見で選ぶランキング10を、今日から何回かに分けて選出してみますよ!

 

主に、ディスコ・クラシック含め70〜80年代disco曲をっ!

 

定番中の定番曲はニキータでほとんど演奏してるので

なるべくニキータでやってない曲をっ!

 

セレクトしてランキン…グぅ〜 byエドはるみ

 

(↑もはやvintage?!)

 

 

 

第10位  ビージーズ  You should be dancing

 

1978年、映画「サタデーナイトフィーバー」上映を皮切りに、日本でもディスコミュージックがブレイク。ディスコブームが到来します。

 

「オールジャパンPOP20」などのラジオ音楽番組でビージーズの「ステインアライブ」や「恋のナイトフィーバー」、他「サタデーナイトフィーバー」サントラ盤に収録されてる曲が続々とチャートを賑わし「フィーバー」という言葉が流行ったのは僕が中学生の頃でした。

 

それまでのビージーズは「小さな恋のメロディ」に収録されてるようなおとなしめのフォークソングだったのに、ラジオから流れてきた新しいビージーズはなにかしらスタイリッシュな感じになって驚き、それからファンになってしまったのと同時に映画の主役ジョン・トラボルタにも魅了されたのでした。

 

映画「サタデーナイトフィーバー」の中で圧巻だった、トラボルタが一人でキレのよいダンスを披露する場面でかかっていた曲、

「ユー・シュッド・ビー・ダンシング」

このシーンを何度も見たくなるのです。

 

 

 

 

第9位  シック  I want your love

 

「おしゃれフリーク」で大ヒットしたCHIC。

ギターはナイル・ロジャースですが、まず耳に入ってきたのはベースのフレーズとドラムの絶妙のタイム感。

 

当時のアルバムに収録されていた中でも印象の深い曲。

「アイ・ウォント・ユア・ラブ」

洗練された音作りにも心躍らずにはいられません。

映像を観てもその名の通りCHIC(おしゃれ)な装い。

ん〜stylish!

 

 

 

 

第8位  シェリルリン In the night

 

シェリル・リンといえば、

代表曲「ガットトゥビーリアル」そして、ニキータCDに収録されている「シェイクイットアップトゥナイト」ですが、

この曲「イン・ザ・ナイト」もあるでよという事でオススメ。

「イン・ザ・ナイト」

プロデューサーはあのRay Parker Jr.(レイパーカー・ジュニア)。

夜をクルージングするシティ・ポップ感溢れるこの曲は

早見優ちゃんとDJ osseyのTV番組「DISCO TRAIN」でもよくセレクトされてました。

 

 

 

 

 

 

以上、10〜8位までの曲、

個人的な好みもかなり占めてますが

ニキータでもやってみたいという気持ちも込めてセレクトしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

第一次ディスコブーム

 

フランス語の<discotheque(ディスコテーク)>を語源とするDISCOは最初、

生バンドの演奏でお客を踊らせるといったスタイルだったみたいなのですが、

時代はレコード主体で踊らせるスタイルに変わり、現在はDJがCDやパソコンでプレイするのが主流となりました。(Wikipedia参照)

そのアナログレコードのみでプレイしていた第一次ディスコブームと呼ばれる時代の曲が僕はカッコいい曲が多いと思うので、その曲達を中心にセレクトしております。

とはいっても僕はその頃中学生だし、実際DISCOには行ってませんがね。

聴くだけオトコでした(^^;;

長崎にあったDISCOは確か「NOWネグロ」という記憶しかありませんし。

それでもディスコ・ミュージックと触れあう事は多かった。

 

レコード屋行っても喫茶店行ってもラジオ聴いてても

とにかく至る所でディスコミュージックがよくかかっていたのです。

 

 

 

 

7位 ジョージ・デューク  Shine On

 

♪シャイン!  ウィズミーベイベー

シャーイノーン!!♪

 

Shine On

 

イントロからこのゴキゲンなインパクト。

ビージーズもそうでしたが、ディスコ&ソウルミュージックは

男性がファルセット(裏声)で歌う曲が多い

というのにも興味を深く惹かれました。

 

スタイリスティックス、アースウィンド&ファイヤ、ミラクルズ、カーティスメイフィールド、etc・・

今まで聴いた事がなかったおしゃれで優雅に歌う黒人のファルセット曲に僕は次々とハマっていくのです。

 

 

 

 

6位  フィリー・デヴォーションズ  I just can’t say good bye(涙のディスコティック)

 

続いてもファルセット曲。

バンド名の通り、フィリー・ソウル(フィラデルフィア・ソウル)の流れを汲むフィリー・デボーションズ。

I just can’t say goodbye(涙のディスコティック)

タイトルからして青春の切なく甘酸っぱいイメージ。

チャートでは大きな成果は残してないみたいですがメロディといい、ファルセットといい、夢のドラマの世界へといざなってくれる名曲と思います。

真っ暗なダンスフロアに、

高速で回るミラーボールの光だけの中で踊ってみたいと思わせる曲です。

 

 

 

 

 

5位  アラベスク Fly High Little Butturfly

 

「ハローミスターモンキー」でセンセーショナルにデビューしたアラベスク。

1st アルバム「アラベスク ファースト」の3曲目収録。

フライ・ハイ

勢い良くスタートするサックスの音色が【夜のキャバレーチック】で好きな曲でした。

 

僕らの先輩方が乗り回していたシャコタン仕様のケンメリやジャパン。

そのカーコンポからシャカシャカシャカシャカとハイトーンイコライジングで、よく「アラベスク」が流れていたのを思い出します。

キャッチーなメロディが日本人受けするのでしょうね。

マイナーなコード進行で始まるも、

サビでメジャーになって一気に広がりを出すという王道のパターンですね。

 

曲をリリースするたび、大ヒットを飛ばしていたアラベスクでしたが

本拠地ドイツではそんなに日本ほどは売れなかったみたい(o_o)

こののちイギリスからガールズグループ「ノーランズ」がデビューする事となりました。

 

 

4位  ボニーM  Ma Baker

 

こちらもまたドイツのグループ、ボニーM。

マ・ベイカー

前述のアラベスクやジンギスカンもボニーMに大きく影響受けたみたいです。

「ダディクール」「怪僧ラスプーチン」「サニー」「バビロンの河」等、ヒット曲は数えきれない。

 

今度訪れる高知では、ディスコの文化が根付いているらしく、ボニーM人気との情報が。

三島でも好きな方多いのですが、僕らの業界でもボニーMをなかなかやってるバンドを見た事がありません。

そういった、人がやらないという意味でもニキータはオンリーワンバンドといえよう。(←自画自賛かよ?!)

 

 

 

 

 

UKが投稿した【ボニーM】記事
http://uk6983.com/2016/12/08/%e3%83%9c%e3%83%8b%e3%83%bcm/

 

 

ディスコ・アレンジ

 

70年代後期から世界的に変化が起きたミュージックシーン。

当時のヒット曲、ロッドスチュワートの「アイムセクシー」やローリングストーンズの「ミスユー」等を聴けば歴然のとおり、明らかに意識したのであろうディスコパターンのアレンジ。

【ロック】と呼ばれるアーティストまでもが、バスドラ四分音符打ちのディスコリズムアレンジになって、こぞって新曲をリリースしていたのは驚きでした。

それだけ影響力が強かった70年代第一次ディスコブーム時代。

 

ワタクシUKが選ぶ70〜80年代ディスコ曲マイランキング。

 

10位から4位まで発表しましたが、

 

さ、いよいよ、

ベスト3に行く前にっ!

 

今回も番外ランキング編発表です。

 

 

 

 

番外ランキング❶   ドナ・サマー  Bad Girl

 

ニキータライブでも鉄板で盛り上がる「ホットスタッフ」。

グラミー賞を5回も獲り、ディスコ・クイーンの名誉を欲しいままにした

ドナ・サマーは、「ホットスタッフ」「オンザレディオ」「マッカーサーパーク」等の数々のビッグヒットを生み出します。

 

僕の時代のドナ・サマー・ヒットチューンは

バッド・ガール

ラジオはもちろん、通っていた自動車学校の待合室の有線からもよくかかっていました。

 

イントロのギターからゴキゲンに始まるバッド・ガール。

ディスコ・ミュージックはこのギターカッティングも命ですね。

 

 

(歌なしバージョンです)

 

番外ランキング❷  ホット・ブラッド Soul Dracula

 

時は遡り、僕が中学生の頃

ディスコブームの火付け役となった「サタデーナイトフィーバー」が上映される随分前に、ラジオやあちこちのいろんな場所で耳にし、

少年ながらに怖いイメージと大人の世界への憧憬をちょっぴり抱いた曲、

 

ソウル・ドラキュラ

 

「ホット・ブラッド」というフランスのグループがヒットさせ、

その奇怪ブームに便乗した「ソウル・フランケンシュタイン」や「セクシー・ドラキュラ」とかの類似した曲が登場してきたが「ソウルドラキュラ」ほどは売れなかったみたい。 (Wikipedia 参照)

ニキータでもよくリクエストされるので

そろそろチャレンジしたい曲ですね。

 

 

番外ランキング❸  ダイアナ・ロス&マービン・ゲイ  You are everything

 

ディスコミュージックには、アゲアゲなダンスナンバーの他にも
スローなチークナンバーもあります。

 

男女がお互いに向かい合い、手をとり、スローな曲に身を委ねて体を揺らすチークダンス。

 

 

チークダンスの定番曲といえば「メリージェーン」ですが

 

他にも、ダイアナ・ロスのスウィートな声と対照的なマービンゲイのシャウトが印象的で

全体の曲調が胸をキュンとさせる

 

ユー・アー・エブリシング

 

この曲もチークタイムで流れてたと聞きます。

 

ミラーボールの速度もゆっくりになり、ディスコ&ソウル特有のスウィートで切ない夢の世界へ・・僕も身を委ねてみたいチークダンス希望。

 

 

 

 

番外ランキング❹  クール&ザ・ギャング  Get down on it

 

90年代前半になるとバブル景気も終焉を迎えると同時に、バンドブームも去り、

メジャーとの契約が切れ、僕の人生も絶頂期から坂道を転げ落ちて行くのです。

 

ヴィジュアル系バンドやTK(小室哲哉)サウンドが台頭し、

チャートを占めるようになった90年代前半頃、

僕たちバンドブームあがりは完全に蚊帳の外に弾かれました(^^;;

 

バブルの時代を名残り惜しむかのように聴こえてきたクール&ザ・ギャング

 

ゲットダウン・オン・イット

 

 

再起をかけ奮闘していた
その当時を思い起こさせてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、ランキング番外編❶〜❹でした。

 

 

 

◆クール&ザ・ギャング来日公演2017ライブレポ

クール&ザ・ギャング来日公演 ブルーノート東京 2017/10/9 ライブレポート

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよワタクシUKが選ぶ70〜80年代ディスコ曲ランキングも大詰め!

 

残すところベスト3となってまいりました。

 

 

ここまでやってくると自分の方が楽しくなっちゃって仕方ありません。

これで終わりかと思うと寂しささえ感じます。

やっぱ好きなんでしょうね、ディスコミュージック。

 

名残惜しくはございますが

熱狂と陶酔と享楽のディスコ曲ランキング!

 

さあ、まいりましょう!ベスト3。

 

3位の発表です!

 

 

第3位  DDサウンド  CAFE

 

♪カフェ〜カフェ〜カフェ〜カフェ〜カフェ〜カフェ!♪

 

のっけからいやがおうにもボルテージMAXでしょう。

 

「1・2・3・4ギミサムモア」等のヒットを飛ばしたイタリアのグループ、

DDサウンドの

 

カフェ

DDサウンドのDDは「Disco Deriery」の略だとか。

 

ニキータCD「VINTAGE BEAT GOES ON」にも、DISCOメドレー3曲目に《リスペクト・トリビュート》と致しまして収録させてもらってます。

 

ぬわんと、、

 

FM西東京でニキータが出演させていただいた番組では、この曲【カフェ】ニキータバージョンがフィナーレを飾りました(まきまりさんありがとう!)

 

 

 

第2位  ビレッジピープル YMCA  & ボーイタウンギャング  Can’t take my eyes off you

 

定番曲は入れないつもりでしたが、

やっぱりこの2曲は例外でしょう。

 

YMCA

君の瞳に恋してる

同率2位とさせていただきました。

 

この2曲、どこでやっても

老若男女問わず

文句なしに盛り上がるし、

 

理屈抜きに、こういう元気になれる曲が求められているのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ディスコミュージックとの再会

 

バンドブームが終わり、我が人生、坂道を転げ落ちるように急降下した90年代半ば、

新しく活動したバンドも2000年が明ける頃には解散になり

僕は挫折感に苛まれ、ドラムをしばらく叩かなかった空白の一年半がありました。

そうしてるうちにもやっぱり音楽に触れたいと思い、オールディーズでも聴きに行ってみるかと思いつき、

オールディーズならばと向かった先は新宿ケントスでした。

 

しかし、そのお店の扉を開けたそこには、

 

信じられない光景が広がっていたのでした。

 

「ステインアライブ」「ナイトフィーバー」「セプテンバー」「YMCA」「愛のコリーダ」「ホットスタッフ」etc・・

 

まさかの往年のDISCOヒットナンバーを立て続けに演奏している光景が?!

 

 

ケントスバンド=アメリカンポップスとかのオールディーズという図式が成り立つのは僕の完全なる思い違いでした。

 

目の前に広がる管楽器や打楽器の鳴り響く音。

総勢10名以上のメンバーによる迫力ある演奏と、

DISCOナンバー中心の懐かしいツボを得た選曲は

僕を釘付けにし、心を揺さぶり

僕の目頭は熱くなり、涙がとめどなく溢れてきました。

フロアは満員に埋め尽くされたお客様がスタンディングで踊りまくっている。

 

こんなバンドがあったのか、、

そしてそういう演奏できる空間があるのかと。

 

それが、新宿ケントスで見たディスコミュージックとの再会でした。

 

第1位 アースウィンド&ファイヤーwith エモーションズ Boogie Wonder Land

 

中学の時に「宇宙のファンタジー」で興味をそそられ「セプテンバー」「レッツグルーブ」とヒット曲を出していた時期に聴いたこの曲。

12インチシングルという一曲8分ものロングバージョンに、僕は驚き

そのバージョンではないが長めのアレンジをそこの新宿ケントスで出演していた「ハイジャック」というバンドの演奏に圧倒された

 

ブギー・ワンダーランド

 

 

こういうバンドをやりたい・・

 

それまでロック一辺倒だった僕は、感動が醒めやらぬこの運命的な日を境に

 

VINTAGEミュージックをやりたい!!

 

と強く思ったのです。

 

その感動から再びスティックを握る事になったこの曲、ブギーワンダーランドを

 

DISCO曲マイランキング《ベスト1》の栄冠に輝かせましょう!

 

 

 

再び始動、そして

 

結局、再びスティックを握ってからは僕自身オールディーズからスタートし直し

ベンチャーズを経て、

最終的にDISCOミュージックまで辿りつくのにかなりの時間ががかりましたが

あの時 VINTAGEミュージックをやりたいと思った事が今、いろんな事を乗り越え、現在ニキータでディスコミュージックを演奏する機会を実現できるに至り、すごく幸せに感じております。

 

管楽器と打楽器をプラスした【ニキータDX】でもブギーワンダーランドロングバージョンやってみたい。

 

そう。

思う事から始まる。

何事もそうやってまず思う事が大事ですよね。

僕の実現したい事がまた増えました。

 

 

 

 

 

まとめ

 

4回に分けてお贈りしましたディスコ曲ランキング。

 

日本を席巻したディスコブームは後期につれ、闇の部分もあり、ネガティヴに捉えられ、そのうち衰退していきましたが、

今聴いてもディスコミュージックは、曲のクオリティの高さにやはり目を見張るものがあります。

 

熱狂、陶酔、享楽の世界へといざなってくれるディスコミュージックは、

脳天から突き抜ける楽しさ、優雅さ、セクシーさ、等を提供してくれ、人々を元気にさせてくれる音楽です。

東京スカイツリーとかのあちこちでDISCOイベントが開催されたり、復活の兆しが見え隠れしてますが、

やっぱり良いものは良いもの。

たくさんの人から求められているのだと思うのであります。

 

 

ディスコ・ミュージック・・

VINTAGEな輝きそのままに

FEVER!  &  FOREVER!!

 

 

 

 

 

 

 

UKが選ぶ70〜80年代ディスコ曲ランキング10

今回は僕のハートがFEVERし過ぎていつのまにか15曲になってしまいましたね(^^;;

 

 

次回のこのランキングシリーズは

【グループ・サウンズ】でまいりたいと思います。

 

 

 

それではみなさん長らくお付き合いくださりありがとうございました☆

 

 

 

 

 

 

◆おすすめディスコ曲マイランキング続編はこちら

 

続・おすすめ70〜80年代ディスコ曲 マイランキング 総集編

 

 

◆クール&ザ・ギャング来日公演2017ライブレポはこちら

クール&ザ・ギャング来日公演 ブルーノート東京 2017/10/9 ライブレポート

 

◆おすすめ映画ランキングはこちら

おすすめ映画 マイ シネマ ランキング 総集編

 

 

 

 

◆おすすめグループサウンズマイランキングはこちら

おすすめ グループサウンズ マイ ランキング 総集編

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ
にほんブログ村



data-matched-content-ui-type="image_sidebyside"